天野遠景

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 
天野遠景
時代 平安時代末期 - 鎌倉時代初期
生誕 不詳
死没 不詳
改名 遠景、蓮景[1]
別名 天野藤内[1]、伊豆藤内
戒名 泰栄寺贈三品蓮景大宝[1]
墓所 静岡県伊豆の国市天野 東昌寺
官位 内舎人[1]左兵衛尉[1]、民部丞[1]
幕府 鎌倉幕府 鎮西奉行
主君 源頼朝頼家
氏族 藤原南家工藤氏天野氏
父母 父:藤原景光
兄弟 遠景、光家
狩野茂光の娘
政景[1]

天野 遠景(あまの とおかげ)は、平安時代末期、鎌倉時代初期の武将。藤原南家工藤氏の一族で、吉川氏と同族である。伊豆国田方郡天野に住して、その地名を取り天野氏と称した。

生涯[編集]

永治元年(1141年)に鎌倉の亀谷で生まれたとする文献がある[1]平家の家人であったが、天野郷が蛭ヶ小島に近かったこともあり、仁安2年(1167年)頃、伊東祐親の下で幽閉生活を送っていた源頼朝と狩や相撲を通じて交流を持ち、親交を深めた。そのため頼朝の挙兵当初から付き従うこととなる。

治承4年(1180年)、石橋山の戦いに息子・政景とともに参戦するが敗北を喫する。その後は伊豆国内で平氏方と交戦したとみられ、同年10月の富士川の戦いの後、平氏軍に合流しようとした伊東祐親を捕縛した。寿永2年(1183年)には信濃国を中心として勢力を拡大する木曾義仲への使者を務め、義仲の嫡子・義高を人質とすることに成功した。

元暦元年(1184年)には頼朝の命を受け、甲斐源氏一条忠頼を謀殺。同年8月、源範頼の平氏追討軍に従い周防国から豊後国へ渡る。文治元年(1185年)3月11日には平氏追討に大功のある12人のうちの一人として頼朝より感状を受けた。同年末には追放された源義経の探索と、鎮西における鎌倉幕府勢力の確立を目的に創設された九州惣追捕使に補任され[注釈 1]律令制度上の鎮西統治機関である大宰府の機構に関与してその実権を握った。肥前国での豪族の狼藉の停止や、宇都宮信房鬼界ヶ島の平氏残党を征伐するなど、遠景は九州・大宰府方面で10年近くの長きに渡って活躍した。しかし鎮西御家人らの協力は得られず、また遠景の鎮西における新儀非法に対する寺社や荘園領側の抵抗も激しく、遠景は建久5年(1194年)頃までには奉行職を解任され、鎌倉へ帰還することとなる[注釈 2]

建久10年(1199年)正月の頼朝死去に伴い、出家して蓮景と号した。その後の梶原景時の変建仁3年(1203年)9月の比企能員暗殺にも関与している。没年は不明だが、死期も近い承元元年(1207年)6月2日、治承4年以来の勲功11ヶ条を挙げて恩賞を望んでいる[注釈 3][注釈 4]事から、晩年は不遇であったと見られる。『幕府諸家系譜』では承元2年(1208年)8月15日に63歳で死去、『萩藩閥閲録』では貞応元年(1222年)12月27日に死去したとされている[5][1]

画像集[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 文治2年(1186年12月10日に鎮西奉行になったとする文献がある[1]
  2. ^ 菊池紳一は、10年にわたる支配によって遠景が九州において一定の基盤を作り、頼朝の命令を無視して独自の動きを見せるようになったことが原因と推定している[2]
  3. ^ 宝治年間に政景の遺児(遠景の孫の世代)が所領争いを起こした時に問題とされた所領のほとんどが政景が恩賞として与えられたものであり、反対に遠景が平氏追討の功績などで与えられた所領のほとんどが荘園領主との対立などが原因でその存命中に収公された形跡がみられる。本領とされる伊豆国天野ですら、政景以後の領有の形跡がみられないという[3]
  4. ^ 清水亮は、基本的には菊池説に同意するものの、少なくても肥前国彼杵荘・藤津荘は遠景から子孫に地頭職の形で継承された所領で、佐嘉御領にも本主権が及んだと解釈する[4]
  1. ^ a b c d e f g h i j 田村哲夫編修 1980, p. 66.
  2. ^ 菊池紳一 1999, pp. 187-188.
  3. ^ 菊池紳一 1999, pp. 196-203.
  4. ^ 清水亮 2007, pp. 158-159.
  5. ^ 東京帝国大学文学部史料編纂所編 1909, pp. 715-716.

参考文献[編集]

  • 菊池紳一 「鎌倉時代の天野氏について」『鎌倉時代の社会と文化』 鎌倉遺文研究会編、東京堂出版〈鎌倉遺文研究 ; 2〉、1999年4月。全国書誌番号:99090508ISBN 978-4-490-20375-2。NCID BA41299180OCLC 42977338
  • 清水亮 『鎌倉幕府御家人制の政治史的研究』 校倉書房〈歴史科学叢書〉、2007年11月。全国書誌番号:21373970ISBN 978-4-7517-3910-5。NCID BA83869026OCLC 675789526
    • §「初期鎌倉幕府の九州支配における没官領地頭の意義」 初出 清水亮「初期鎌倉幕府の九州支配における没官領地頭の意義--九州における天野氏の地頭職獲得過程」、『ヒストリア』第175号、大阪歴史学会、2001年6月、 1-27頁、 ISSN 04392787NAID 40003248106全国書誌番号:00020170
  • 関幸彦; 福田豊彦編 『源平合戦事典』 吉川弘文館、2006年12月。ISBN 4642014357。 NCID BA79413755OCLC 674900487全国書誌番号:21153725 
  • 東京帝国大学文学部史料編纂所編 『大日本史料』第4編之9、東京帝国大学、1909年12月14日。全国書誌番号:73016124NCID BN11357494OCLC 834707503。「萩藩閥閲録」オープンアクセス国立国会図書館デジタルコレクション
  • 『近世防長諸家系図綜覧』 防長新聞社山口支社編、三坂圭治監修、防長新聞社、1966年3月。全国書誌番号:73004060NCID BN07835639OCLC 703821998Closed Access logo alternative.svg国立国会図書館デジタルコレクション


関連項目[編集]