天鑑存円

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
天鑑存円
? - 応永8年4月11日
(? - 1401年5月24日
諡号 仏果禅師[1]
宗旨 臨済宗
無礙妙謙
弟子 桂岩存香、茂蔭統栄、宗岳存正[2]

天鑑存円(てんかん そんえん)は、南北朝時代から室町時代臨済宗

経歴・人物[編集]

鎌倉円覚寺第36世無礙妙謙の室に入り、法を嗣ぐ[1]。のち伊豆国清寺第3世となる[1]永徳3年/弘和3年(1383年)鎌倉浄智寺に移り、のち円覚寺、建長寺の住持を歴任した[1]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d デジタル版 日本人名大辞典+Plus(講談社)『天鑑存円』 - コトバンク
  2. ^ 人名規範資料庫、2019年1月22日閲覧。