天険親不知線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

天険親不知線(てんけんおやしらずせん)は、新潟県糸魚川市を通る市道である。

概要[編集]

ウォルター・ウェストン全身像

海抜約100mの断崖を開削して拓いた東西1.0kmの道路で[1]親不知コミュニティロードの愛称が付与されている。国道8号天険トンネルが開通する以前の国道の旧道にあたり、現在は主に観光客向けの遊歩道として利用され、自動車等の通行はできない。天下の険である親不知に、明治時代の先人達が挑んで完成させた道であり、日本の道100選土木学会選奨土木遺産に選定された。この道路の途中に日本海を一望できる展望台が設置されており、晴天時には佐渡島や能登半島を見ることができる。ウォルター・ウェストンが親不知を訪れたことを機縁として、展望台の脇に座像が設置されており、例年5月、この場所で地元有志による海のウェストン祭が行われている。

歴史[編集]

如砥如矢

天険親不知線が開通する前の古人が旅した北陸道は、高波時には危険な海岸線を通るか、山越えの悪路にて通過するしかなかった[2]

この道路建設に至った契機は、明治天皇の北陸巡幸である。1878年明治11年)に明治天皇一行が親不知を通ったときに、晴天にもかかわらず安全第一のため、海岸線を通るのを避け、山越えの悪路にて通行した。このことから安全な新道建設にむけた運動が盛り上がり、国道開設工事が行われることとなった[2]

1882年(明治15年)5月に工事着工し、翌1883年(明治16年)12月1日に国道が完工、12月8日に開通式が行われた[2]。ここでようやく、日本海側の東西を結ぶ幹線道路が誕生し、人力車や荷車が往来できるようになった[2]

この工事は、断崖絶壁を縫ってすべて人力で行なわれ、苦難を極めたと語り継がれている[2]。その道路完成を記念し、道路の上にある日本海に面した一枚の大岩盤面に、約1メートル角の四大刻字で「如砥如矢(とのごとくやのごとし)」と刻まれた。その意は、「(この道路は)砥石のように平らで、矢のように真っ直ぐである。」と賞賛したもので、現在も残っている。

この後、幾度も改良や災害復旧が続けられたが、車社会に対応するために1966年昭和41年)に国道8号天険トンネル(延長734m)が完成したため、翌1967年(昭和42年)から旧・青海町に移管されて町道天険親不知線に降格となり、それ後、観光客の散策道路として利用されている[1]

平成の大合併以前の糸魚川市の旧自治体のひとつであった旧・青海町では、1986年(昭和61年)8月10日の「日本の道100選」の選定[3]を記念して、できるだけこの道路の開設時の姿を保存・保全するとともに、展望台を建設するなど「語らいの道路」として各種施設を整備した[1]

周辺の観光名所[編集]

地名となっている親不知子不知は、古来より旅人が日本海に落ちる飛騨山脈(北アルプス)の断崖と日本海の荒波を縫って通行する交通の難所として知られるところである。 天険親不知線の道路からは、断崖下の砂浜に波が打ち寄せる日本海と、一般国道8号、北陸自動車道の海上高架橋および、日本初の海上インターチェンジである親不知インターチェンジが一望できる。

接続する道路[編集]

道路の東西両端が国道8号に接続され、途中の道路はない。東西端とも糸魚川市市振に所在し、それぞれ天険トンネルの東西坑口付近にある。

脚注[編集]

参考文献[編集]

  • 青海ふるさと事典(青海町教育委員会、2004年)
  • 「日本の道100選」研究会 『日本の道100選〈新版〉』 国土交通省道路局(監修)、ぎょうせい2002年6月20日。ISBN 4-324-06810-0。