太夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

太夫(たゆう、たいう、たいふ。「大夫」という表記を行うこともある)

  • 中国代の官制での下、の上。
  • 中国代の官制で従二品より従五品下の総称。
  • 日本の律令制度従五位下唐名を朝散大夫と称した。また貴顕の子弟で無官のものをいずれ五位に任ぜられるという意味で無官の太夫と称する。
  • 以上より転じて、身分のある者への呼びかけ、または人名の一部として用いられた(例。柳沢権太夫)。
  • 家老職にある者を指して用いることもある。
  • 神官の特に下位の者をいう。また伊勢御師などもこう呼ぶ。
  • 芸能により神に仕えるものの総称。
  • 能楽におけるの長やシテの古称。
  • 浄瑠璃を語る者。またはその名の一部に用いる(例。竹本義太夫)。
  • 門付芸人や万歳に対する軽い敬意を含んだ呼びかた。
  • 官許の遊女、又は芸妓の内、最高位(松の位)にある者への呼びかけ。またはその名の一部に用いる(例。夕霧太夫吉野太夫高尾太夫)。→太夫 (遊女)
  • 幇間への敬称(「太夫衆」などと呼ばれた)。
  • 歌舞伎の立女形への尊称。
  • 警察関係の隠語で、被疑者の意味。おもに近畿で使われる。取り調べで被疑者が自供することを「太夫がうたう」という。

今日は何の日(5月23日

もっと見る

「太夫」のQ&A