太平洋のGメン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
太平洋のGメン
監督 石井輝男
脚本 石井輝男
出演者 片岡千恵蔵
江原真二郎
丹波哲郎
八名信夫
佐久間良子
梅宮辰夫
音楽 河辺公一
撮影 西川庄衛
編集 祖田富美夫
製作会社 東映東京撮影所
配給 東映
公開 日本の旗 1962年4月22日
上映時間 86分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

太平洋のGメン』(たいへいようのGメン)は、1962年公開の日本映画片岡千恵蔵主演、石井輝男監督。東映東京撮影所製作、東映配給。

概要[編集]

石井輝男東映移籍後の5作目で三本目のギャング映画[1]。東映入社後では初のカラー作品[2]

ストーリー[編集]

流れ者の健次(江原真二郎)は玄界灘での夜釣で奇妙なブイを釣り上げた。しかし帰り道で襲われて屋敷に連れ込まれ、水原(丹波哲郎)という男から他人に口外しないことを条件に五十万円を貰うが、出された酒で意識を失う。そのままモーターボートへ乗せられた健次は広上(片岡千恵蔵)に救われた。翌朝、屋敷へ金を取り戻しに行くがそこは役者・中村枝雀の別荘で、水原という男は居ないことを知る。広上から土地のボス藤村(吉田義夫)をあたれとアドバイスを受け、キャバレーを訪ねた健次は、ホステスの朱実(佐久間良子)から情報を得る。健次は偶然、巡業中の枝雀若い男がを刺し殺すのを目撃。神戸が臭いと睨んだ二人は、神戸へ飛び、健次に一目惚れした朱実もこれに加わった[1][2][3]

スタッフ[編集]

キャスト[編集]

製作[編集]

企画[編集]

クレジットにないが企画は当時の東映東京撮影所(以下、東映東京)所長・岡田茂[4]。最初は鶴田浩二高倉健丹波哲郎ら、東映東京現代劇のフルメンバーと東映京都撮影所(以下、東映京都)の片岡千恵蔵御大につき合ってもらい、オールスター映画として企画していた[4]。ところが鶴田が病気になり、高倉も他作品とダブったりで思うようにいかず、仕方なく江原真二郎主演で片岡御大につき合ってもらう形にした[4]。興行は難しいかに思われたが、ヒットし、内部の評価も良かった[4]。それで以前から構想としていたギャング映画を路線化する決断をした[4]。これが「東映ギャング路線」である[4]

『ぴあシネマクラブ 邦画編 1998-1999』では、東映東京製作の"ギャング映画"は全11作とし[5]、本作は片岡千恵蔵の"Gメンもの"と見なされたか[2][6]、これに入れられていない。映連の作品紹介では"ギャング"という記述が見られる[1]。しかし岡田茂は当時の東映社内報1962年10月号「興行作品に徹すべし!ギャング路線誕生の経緯」というインタビューで、本作を"ギャング映画"として企画したと述べている[4]。また石井の東映移籍第一作『花と嵐とギャング』を東映の「ギャングシリーズ」第一作と紹介するケースが多いが[5][7]、すぐにシリーズ化されたのではなく[8]、本作『太平洋のGメン』の興行的成功を見た岡田が「東映ギャング路線」としてシリーズ化を決めたものである(詳細は後述)。

東映ギャング路線[編集]

ギャング映画Gangster film)/フィルム・ノワールは、アメリカ1920年代後半から作られ[9][10][11]戦後ヨーロッパフランスイタリアなどでも作られた[9][12][13]。日本の映画会社もそれを下敷きに古くからギャング映画を作ってきた[9][12][14][15][16]。戦後、日活大映東宝、東映でもその手の映画は作られたが[14][16]、日本の場合は欧米と違い、元々ギャングが存在しないこともあり、主人公はギャングでなく、麻薬取締官などの警察官、或いは私立探偵で、追い詰められる側がギャングの場合が多く、架空性も強くギャングというより〈悪漢団〉と呼んだ方がふさわしい扱いだった[9]

1961年5月3日に、ニュー東映東京で製作された鶴田浩二主演・佐伯清監督・川内康範原作・脚本による『地獄に真紅な花が咲く』が封切られた。岡田茂はこのとき、東映京都撮影所(以下、東映京都)所長であったが、この作品を観て"ギャング路線"を思いついた[17]。岡田はジャン・ギャバンのギャング映画が一番好きだった[18]。この翌月、新東宝から東映に移籍してきた石井輝男監督の『花と嵐とギャング』(東映東京撮影所、以下、東映東京)が封切られ[7][19]、この映画で売り出しに苦労していた高倉健の生き生きした姿を見て[20]、岡田は高倉をアクション映画に導き[20]、自身が敷いた「ギャング路線」に起用し続けた[20][21][22]。また高倉も岡田の指導でギャング映画に取り組んだ[20]。「ギャング路線」も「任侠路線」も鶴田浩二と高倉健の二人を主演スターに仕立て上げようと岡田がプランしたものだった[21][23]。当時の東映は、西の両撮影所所長が企画の最終決定権を持っていた[24]

1961年9月に東映東京所長に転任した岡田茂は、「ゼネラル・プロデューサーたる撮影所長は、スタジオにうずを巻かす中心人物でなくてはならない」をモットー[25]、当たる映画が1本もなかった同撮影所を再建するため[26][27][28][29][30][31]、古手監督を一掃して[32][33]、若手スターや若手監督、脚本家をどんどん起用した[26][28][32][33][34][35][36]。 

ただ現代劇を製作していた東映東京には、絶対的にお客を呼べるスターが当時はいなかったため[4]、鶴田浩二の引き抜きもその一つではあったが、「喜劇路線」なども試行しながら[4]、まず特に売れたスリラーなどの原作を母体にした映画製作をやった[4][21]壷井栄の『草の実』や小坂慶助『二・二六事件 脱出』、『松本清張のスリラー 考える葉』、菊村到の『残酷な月』などを企画したが[4]、作品は評価されるも興行は振るわず。館主にも拒否され、営業部も宣伝も黙って市場に流す状況。つまり対外的にも対内的にも熱が入らず[4]。そこで対内的にまずPRの行き届くものを作ると決めた[4]。石井輝男が東映に移籍して最初に作った『花と嵐とギャング』は実は孤立した映画で、その後は一年近く、東映でギャング映画は作られなかった。一年後に作られた石井監督の1962年3月21日封切り『恋と太陽とギャング』も、東映京都制作による大島渚監督『天草四郎時貞』と併映だったこともあり不入りに終わった[2][37]。当時は日活がギャングを含むアクション映画を盛んに作っていたため新味もなかったが[38][39]、岡田は「ウチ独特のアクションものをやろうと考えたとき、日活のマネをしてもダメだ。大人っぽいアクションをやろう、大人っぽいアクションというとギャングだ。東映の現代劇には片岡御大の堂々たるアクションものがあるんだから、これを母体にして、鶴田、高倉、丹波その他のメンバーで、絶対的に面白いアクションもの、ギャングものができるという確信を持ってギャング路線を見出した」と述べている[40]。手始めに1962年ゴールデンウイークのしょっぱなに出した本作『太平洋のGメン』がやや弱いキャスティングながらヒットし、これを見て「ギャング映画」を路線化することを決め、これを「ギャング路線」と名付け[4]、1962年下半期からギャング映画の量産を決めた[4][37][41][42]。「東映ギャング路線」は当たり[43]、平均2億円を稼ぐドル箱シリーズになった[44][45]。またギャング路線を切っ掛けに東映現代劇に人気作品が続出した[46]。 

1962年7月13日封切りの石井監督の『ギャング対ギャング』がヒットし、はっきり「ギャング路線」と唄い[44][47]、8月4日封切りの小沢茂弘監督『地獄の裁きは俺がする』で「ギャング路線」という言葉を使用した[44]、或いは「ギャング路線」という言葉が活字として登場したのは1962年11月2日封切りの『ギャング対Gメン』のプレスシートとともいわれる[48]。この辺りで「東映ギャング路線新設」と高倉健が話し[49]、「会社の方針がここ当分はギャング路線なんだから」と鶴田浩二は話し[49]、「ギャング路線の東映」とはっきり看板を掲げた[49][50]。1963年に入ると多くの雑誌で「ギャング路線」という言葉が使われるようになった[38][45][49][51]

映画界で「〇〇路線」という言葉を使ったのは岡田が最初[26][31][44][47][48]。「〇〇路線」という言葉は当時「奇妙な云い方の標語」などといわれた[31]。これ以降、他社も「〇〇路線」を打ち出すようになった[44][47]。1963年7月3日の『読売新聞夕刊「路線もの映画 そのプラスとマイナス」という記事に、"路線の元祖"として岡田が紹介されている[47]。岡田は「一会社の作品が一定の館に系統的に配給されるブロック・ブッキングの現状では、製作と営業が密接に手を結ばねばならない。一プロデューサー、一監督にしか分からない企画じゃ、営業が売りにくい。『五番町夕霧楼』ってなんや。"名作路線"や。この一言で分かっちゃう。第二にこういう路線を何本が敷いておくと、それぞれに特色を発揮する監督やスターが育つという長所もある」[47]「どんな路線が受けるかを見極めるのが難しい。"戦記路線"(『陸軍残虐物語』)なども打ち出す時期をずいぶん前から狙っていたんですよ。それともう一つ、どんな路線でもピークはせいぜい半年から一年。その寿命も見極める必要があります」などと述べている[47]日活は東映に追随し[47]、石神清日活宣伝部長は「路線というのは元々中国の言葉だが、一つの流れ、リズムを感じさせるし、"シリーズ"というより幅が広くてなかなかいい言葉だね。でも売り込むときは実に便利で、弱い作品ならナントカ路線と売って平均値まで高まるが、強い作品でこれを謳うとかえって並みの作品にとられて損をする。その辺が面白いところだね」などと述べた[47]東宝藤本真澄専務は吐き捨てるように「路線?宣伝文句にすぎんやないか、確実に客を呼べる安定した企画なんて簡単にできるもんじゃないよ。それに一本一本の映画を路線に乗せたって結局それは単線だ。ウチは個々の作品をどう組ませて、いかに魅力のある二本立てとするかにもっとも苦心する。いうなれば"複線路線"や」[47]、白井昌夫松竹製作本部長は「いい言葉だが、ちょっと一般性がないのでウチでは路線という言葉は使いません。でも内輪では便利だし、また幾つかの路線に沿って企画を立てることは企業の信用を増す意味でも必要ですね。あのシリーズなら見て損はないという…」[47]大映松山英夫常務は「大映なら大映系の映画館に行かなくては見れないもの、それを作るのは"路線"、"シリーズ"、"カラー"と、色々言われているものなんだ。われわれが心しなければならないのは一作ごとにアイデアを凝らし、キャストを豪華にしていかなければダメだということだ」などと話している[47]

1962年9月20日の『読売新聞夕刊に「ギャングものの製作方針を明らかにした東映は、10月以降、来年2月までに九本のギャングものを予定している。月平均二本弱という状態だ(中略)"モダン・ギャング"とでも名づけられるものをはさんでいくというのが東映のねらいで...」[8]、『キネマ旬報』1963年1月上旬号の『暗黒街の顔役 十一人のギャング』の作品紹介には「模索を続けていた東映現代劇がついに見出した鉱脈"ギャングもの"(中略)これは過去三作以上に激しいアクションを盛り込み...」などと書かれている[52]。この過去三作がどれを指すのか分からないが、いずれにしても1962年からギャング映画が路線化したことが分かる。岡田は井上梅次を呼び寄せて高倉健と組ませたり[28][53]、深作欣二や渡邊祐介ら若手に「ギャング映画」に参加させた[2][28][41][54][55]

東映ギャング路線で活躍したスターは、東映専属では、鶴田浩二高倉健丹波哲郎佐久間良子三田佳子本間千代子緑魔子梅宮辰夫江原真二郎大村文武南広千葉真一久保菜穂子山本麟一八名信夫室田日出男曾根晴美神田隆三國連太郎らで、他社・劇団所属・フリー・歌手では、待田京介安部徹高英男金子信雄三原葉子内田良平杉浦直樹大木実伊沢一郎佐藤慶天知茂松尾和子山下敬二郎アイ・ジョージらである[2][5][37][51][52][56][57]

「ギャング路線」を確立した岡田は[33]任侠映画、文芸映画、エロティック映画などを次々当て、東映東京を再建させた[2][35][58]。石井輝男は「当時は岡田茂さんが最高潮だったんじゃないでしょうか。だから企画会議でホンを検討して決めるというようなスタイルじゃないんですね。もう岡田さんの一言で、会議なしって感じだったんです」と述べている[2]。北浦寛之は「岡田は並行して『人生劇場 飛車角』を第一弾とするヤクザ路線を企画していたが、ギャング映画が成功していなければ、やくざ映画の当初からの路線化は決行されなかったかもしれない」と述べている[48]

東映東京の撮影所長でありながら、東映京都の時代劇の後をどうするか思案し続けた岡田は[21]、1964年2月に東映京都に撮影所長として帰還し、東映京都刷新の大ナタとして時代劇から比較的転換が容易な「任侠路線」での切換えを行ったため[26][28][35][50][59][60]、ギャング映画は終了した[33][61]。しかしその後も時折、思い出したようにギャング映画を作った[20][62]

撮影[編集]

石井は大御所・片岡千恵蔵と初の顔合わせ[6]。難しい噂ばかり聞いていて勘弁して下さいと頼んだがダメで、『太平洋のGメン』のため、船での撮影は必須で、ロケを増やして現実感を出したいと希望したが、片岡はロケを絶対にやらないと伝えられた[2]。石井はいくら大きいセットでも船は無理でしょうとロケをやらないと困ると、すったもんだあり、ロケをやることになった。東京湾で船を借りてロケをやったら、そこらのフータローが落ちてる広告の切れっ端を持って来て片岡にサインを要求し、片岡は丁寧にお辞儀しサインした[2]。実際に接すると片岡はひとつもやりにくくないりっぱな人で、石井はファンになったという[2]

筋金入りの清純派・佐久間良子バーホステスを演じ話題を呼んだ[2]

東京湾、横浜市神戸市大阪市でロケが行われた[2][6]

同時上映[編集]

『向う見ずの喧嘩笠』

脚注[編集]

  1. ^ a b c 太平洋のGメン”. 日本映画製作者連盟. 2018年11月29日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m 映画魂 1992, pp. 112-121、307.
  3. ^ 東映チャンネル | 太平洋のGメン 2018年11月放送!
  4. ^ a b c d e f g h i j k l m n o 東映の軌跡 2016, pp. 129-130、165-166.
  5. ^ a b c ぴあシネマクラブ 1998, p. 222.
  6. ^ a b c “〔娯楽〕 東映若手監督の意欲 "定石からの脱却を" 『太平洋のGメン』……石井輝男 『サラリーマン一心太助』……沢島忠”. 読売新聞夕刊 (読売新聞社): p. 6. (1962年3月13日) 
  7. ^ a b タランティーノにも影響を与えた和製ギャングたちの饗宴〔ギャング〕シリーズ」『Japanese Film 1955‐64 昭和30年代のヒットシリーズ〈下〉』 ブラックアンドブルー、ネコ・パブリッシング、1999年、76-79頁。ISBN 4873661781。
  8. ^ a b “〔娯楽〕 東映で『ギャング忠臣蔵』正月のオールスター映画に”. 読売新聞夕刊 (読売新聞社): p. 10. (1962年9月20日) 
  9. ^ a b c d 双葉十三郎「にっぽん・ギャング映画論」、『キネマ旬報』1963年3月上旬号、キネマ旬報社、 34 - 38頁。
  10. ^ 筈見有弘「ギャング映画も禁酒法時代にはじまる 米国ギャング映画調書」、『近代映画』1962年6月号、近代映画社、 156 - 163頁。
  11. ^ 中野五郎「ギャング映画流行の背景と診断 ーアメリカの悪夢ー」、『映画芸術』1955年11月号、 19 - 21頁。淀川長治「旬報試写室 ニューヨーク派のギャング映画 『俺たちに明日はない』」、『キネマ旬報』1968年2月下旬号、キネマ旬報社、 58頁。加藤幹郎「いかにしてギャングは死ぬか-ギャング映画少史-」、『すばる』1991年6月号、集英社、 277 - 283頁。宮本陽一郎「ギャングスターと『最高の検閲官』-古典ギャング映画少史」、『ユリイカ』1995年9月号、青土社、 68 - 80頁。
  12. ^ a b 筈見恒夫 「自由の国の暗黒 ギャング映画の擡頭」『わがアメリカ映画史』 雄鶏社、1956年、125頁。
  13. ^ 飯島正「ジャンル別にみる外国映画 ギャング映画」、『SCREEN』1971年8月号、近代映画社、 214 - 216頁。
  14. ^ a b “一見紳士風がミソ 新しいギャングスター列伝”. 読売新聞夕刊 (読売新聞社): p. 4. (1955年11月4日) 
  15. ^ “〔新映画評〕魂 日活ギャング物 第一歩”. 読売新聞夕刊 (読売新聞社): p. 3. (1936年9月2日) “よみがえる日活、回顧上映や再映画化(文化往来)”. 日本経済新聞 (日本経済新聞社): p. 24. (1983年4月23日) 古賀重樹 (2018年10月21日). “NIKKEITheSTYLE-山中貞雄と戦争の足音(上) つかの間の平穏、洗練された笑い(美の枠)”. 日本経済新聞 (日本経済新聞社): p. 16 「やくざ映画十年の系譜 文・渡辺武信」、『任侠藤純子 おんなの詩(うた)』キネマ旬報増刊8.10号 1971年8月10日発行、キネマ旬報社、 120頁。
  16. ^ a b   「東宝モダンアクションの系譜 文・浦山珠夫」『鮮烈!アナーキー日本映画史 1959-1979』 洋泉社映画秘宝EX〉、2012年、12 - 13頁。ISBN 978-4-86248-918-0。
  17. ^ 竹中労 「岡田東映社長に聞く」『日本映画縦断 II 異端の映像』 白川書院、1975年、35頁。
  18. ^ 細野憲昭 (1998年5月12日). “【話の肖像画】 東映会長 岡田茂さん(5) うちの任侠映画はジャン・ギャバン”. 産経新聞夕刊 (産業経済新聞社): p. 1 
  19. ^ コラム 『日本映画の玉(ギョク)』 Jフィルム・ノワール覚書⑮ 東映ノワール 深作欣二/佐治乾の反米ノワール Text by 木全公彦
  20. ^ a b c d e 相原斎「健さんを探して ~最後の銀幕スターが残した言葉~」、日刊スポーツ、2015年2月16日。日刊スポーツ文化社会部 相原斎と日刊スポーツ特別取材班 『健さんを探して 最後の銀幕スターの秘密』 青志社、2015年、83 - 87、173頁。ISBN 978-4-86590-007-1。
  21. ^ a b c d 草壁久四郎「実録/戦後日本映画史 人と事件とー最終回 任侠・実録で血路を開いた東映・岡田 松竹・東宝、日活などの老舗に比べ新参だった東映は、岡田茂を中心に試行錯誤を繰り返しながら逞しく成長してきた...」、『宝石』、光文社、1983年1月号、 198 - 204頁。
  22. ^ 東映株式会社映像事業部(企画・編集) 「座談会/阿久悠三遊亭圓楽・岡田茂・司会 加東康一 『我らは万年映画青年!! ー東映映画三十年を大いに語るー』」『東映映画三十年:あの日、あの時、あの映画』 東映、1981年、226頁。
  23. ^ コラム|東映京撮・盟友対談②
  24. ^ 井沢淳・瓜生忠夫大黒東洋士・高橋英一・大橋重勇・嶋地孝麿「日本映画企画製作批判 ―これからの企画製作はいかにすすめるべきか」、『キネマ旬報』1965年7月上旬号、キネマ旬報社、 12、16頁。三鬼陽之助「三鬼陽之助のトップ会談〈第95回〉 "任侠路線で観客頂戴いたします" ゲスト・東映社長岡田茂氏」、『週刊サンケイ』1971年11月5日号、産業経済新聞社、 137頁。
  25. ^ 映画界のドン 2012, pp. 304-311.
  26. ^ a b c d クロニクル東映1 1992, pp. 170-175、200-201.
  27. ^ クロニクル東映2 1992, p. 5.
  28. ^ a b c d e =岡田茂 『波瀾万丈の映画人生 岡田茂自伝』 角川書店、2004年、145 - 152、180頁。ISBN 4-04-883871-7。『悔いなきわが映画人生 東映と、共に歩んだ50年』 財界研究所、2001年、147-152、269-273頁。ISBN 4-87932-016-1。「東映50周年と『千年の恋 ひかる源氏物語』 岡田茂インタビュー」、『キネマ旬報』2001年12月上旬号、 42-43頁。金田信一郎「テレビ・ウォーズ(5)黒澤明、"天皇"の孤影」、『日経ビジネス』2006年2月6日号、日経BP社、 118頁。笠原和夫・荒井晴彦絓秀実 『昭和の劇 映画脚本家笠原和夫 巻末特別付録、岡田茂インタビュー太田出版、2002年、1-2頁。ISBN 4-87233-695-X。山根貞男・米原尚志 「"東映の神髄"とはなにか 聞き書き 東映元社長・岡田茂 聞き手・米原尚志」『『仁義なき戦い』をつくった男たち 深作欣二と笠原和夫日本放送出版協会、2005年、120-133頁。ISBN 4-14-080854-3。金田信一郎 「岡田茂・東映相談役インタビュー」『テレビはなぜ、つまらなくなったのか スターで綴るメディア興亡史』 日経BP社、2006年、211-215頁。ISBN 4-8222-0158-9。NBonlineプレミアム : 【岡田茂・東映相談役】テレビとXヤクザ、2つの映画で復活した(Internet Archive)、岡田茂(映画界の巨人)インタビュー 映画界へ 聞き手・福田和也 (PDF)”. メッセージ.jp. BSフジ (2005年5月15日). 2018年9月28日閲覧。(archive)、『私と東映』 x 中島貞夫監督 (第2回 / 全5回)岡田茂追悼上映『あゝ同期の桜』中島貞夫トークショー(第1回 / 全3回)
  29. ^ 私の新人時代 - 日本映画テレビプロデューサー協会 吉田達
  30. ^ 松島利行 (1992年2月26日). “〔用意、スタート〕 戦後映画史・外伝 風雲映画城/43 当たらない撮影所へ”. 毎日新聞夕刊 (毎日新聞社): p. 4 
  31. ^ a b c 南部僑一郎「プロデューサー列伝(其の28) 全身これ斗志の人 岡田茂」、『近代映画』1963年5月号、近代映画社、 60頁。南部僑一郎「プロデューサー列伝(其の26) 辛酸をなめた実力の人全身 亀田耕司」、『近代映画』1963年3月号、近代映画社、 56頁。
  32. ^ a b 日本映画は生きている 2010, pp. 267-270.
  33. ^ a b c d 深作欣二「東映現代劇12年を舞台裏からみれば 昭28~40年」、『映画芸術』1965年8月号 No.215、映画芸術社、 64頁。深作欣二・山根貞男 『映画監督深作欣二』 ワイズ出版、2003年、111-114頁。ISBN 4-89830-155-X。「映画監督 深作欣二の軌跡」、『キネマ旬報臨時増刊』第1380号、キネマ旬報社、2003年、 157-158頁。立松和平 『映画主義者 深作欣二』 文藝春秋、2003年、40-43、122-123頁。ISBN 4-89036-181-2。
  34. ^ 悪趣味邦画 1995, pp. 276-280.
  35. ^ a b c 歴史|東映株式会社〔任侠・実録〕(Internet Archive)
  36. ^ 中島貞夫「企画特集 日本映画この生きている10年史 '60の豚は'70の狼になるか やくざ襲撃前夜のゴールデンエージ?」、『映画芸術』1969年10月号 No266、映画芸術社、 44-45頁。矢田正人「映画界の大御所・岡田茂がバトンタッチ『東映新社長・高岩淡は作家・檀一雄の実弟』」、『財界』1993年6月29日号、財界研究所、 49頁。山平重樹 『任侠映画が青春だった 全証言伝説のヒーローとその時代徳間書店、2004年、10-16、35頁。ISBN 978-4-19-861797-4。桂千穂鈴木尚之」『にっぽん脚本家クロニクル』 青人社、1996年、850頁。ISBN 4-88296-801-0。『Hotwax 日本の映画とロックと歌謡曲 vol.7』 シンコーミュージック・エンタテイメント、2007年、146頁。ISBN 978-4-401-75111-2。春日太一 『時代劇は死なず! 京都太秦の「職人」たち』 集英社、2008年、27 - 28頁。ISBN 978-4-08-720471-1。竹中労「岡田茂東映社長に聞く・下 〔回想のマキノ映画・その3〕」、『キネマ旬報1974年昭和49年)8月上旬号 113頁、キネマ旬報社渡邊達人「追悼 佐治乾 『芯のある男』」、『映画芸術』2001年8月号 No.396、プロダクション映芸、 87頁。伊藤彰彦 『映画の奈落 北陸代理戦争事件国書刊行会、2014年、55頁。ISBN 978-4336058102。  内藤誠 『偏屈系映画図鑑』 キネマ旬報社、2011年、182-183頁。ISBN 978-4-87376-381-1。三鬼陽之助「三鬼陽之助のトップ会談〈第95回〉 "任侠路線で観客頂戴いたします" ゲスト・東映社長岡田茂氏」、『週刊サンケイ』1971年11月5日号、産業経済新聞社、 134-138頁。桂千穂 「対談・鈴木尚之」『にっぽん脚本家クロニクル』 青人社、1996年、850頁。ISBN 4-88296-801-0。「東映不良性感度路線の父 岡田茂逝去」、『映画秘宝』2011年7月号、洋泉社、 52頁。
  37. ^ a b c 日本映画発達史Ⅳ 1968, pp. 131-135、251-267.
  38. ^ a b 松山英夫八住利雄大庭秀雄・伊藤義・石神清・大島幸雄「映画の秘密 興行価値の実態を探る 特集・研究討議」、『キネマ旬報』、キネマ旬報社、1963年1月下旬号、 43頁。
  39. ^ FEAUTURES - 日活宍戸錠×矢作俊彦 対談 かつてこの国には「殺し屋」がいた|GQ JAPAN
  40. ^ 東映の軌跡 2016, pp. 129-130.
  41. ^ a b 磯田勉「石井輝男ワールドふたたび 東映に吹いたモダン・ギャング映画の嵐 文・磯田勉」、『映画秘宝』2009年3月号、洋泉社、 23頁。
  42. ^ アクションとカルト 二つの顔…石井輝男 : カルチャー : 読売新聞(Internet Archive)、西脇英夫「東映アクションの真率なる世界(中)」、『キネマ旬報』1975年7月上旬号、 185頁。
  43. ^ 「THEATER NEWS "東映ギャング路線"当たる」、『キネマ旬報』1963年4月上旬号、キネマ旬報社、 115頁。
  44. ^ a b c d e 「大当たり"路線もの"採点」、『近代映画』1964年11月号、近代映画社、 220 - 223頁。
  45. ^ a b 「華やかな各社の作品を 『集団金庫破り』」、『映画情報』1963年3月号、国際情報社、 29頁。
  46. ^ 『映画なんでも小辞典』 田中純一郎編、社会思想社現代教養文庫1015〉、2003年、50頁。
  47. ^ a b c d e f g h i j k “〔娯楽〕 路線もの映画 そのプラスとマイナス 企画、宣伝に安定性 一つの型にはまる欠点も”. 読売新聞夕刊 (読売新聞社): p. 9. (1963年7月3日) 
  48. ^ a b c テレビ成長期の日本映画 2018, pp. 142-153.
  49. ^ a b c d 鶴田浩二高倉健江原真二郎丹波哲郎梅宮辰夫「東映アクションスタア座談会 『ギャングなら俺たちに任せろ』」、『近代映画』1963年1月号、近代映画社、 70 - 73頁。
  50. ^ a b 楊紅雲 (2004年). “任侠映画路線における東映の成功 ―テレビに対抗した映画製作(1963-1972年)を中心に― (PDF)”. 多元文化 第4号. 名古屋大学. pp. 192-201. 2018年4月16日閲覧。
  51. ^ a b 「〔映画ジャーナル〕 "黒い傷痕"のおはなし高倉健・千葉真一・曾根晴美さん」、『明星』1962年2月号、集英社、 139頁。「スタジオはお正月ムードがいっぱい」、『明星』1963年1月号、集英社、 234 - 235頁。「スタジオはお正月ムードがいっぱい」、『明星』1963年1月号、集英社、 234 - 235頁。「2枚目ギャングスターの意外な生活そろって100点満点の家庭人 鶴田浩二・高倉健・梅宮辰夫・江原真二郎・千葉真一」、『明星』1964年2月号、集英社、 114 - 147頁。「暗黒街大通り」、『芸能画報』1964年6月号、サン出版、 22頁。「お正月映画作品紹介 『11人のギャング』」、『明星』、集英社、1963年2月号、 196頁。「今月の映画ご案内 『ギャング対Gメン 集団金庫破り』」、『月刊平凡』、平凡出版、1963年4月号、 224頁。
  52. ^ a b 「撮影所通信 『暗黒街の顔役 十一人のギャング』」、『キネマ旬報』、キネマ旬報社、1963年1月上旬号、 43頁。
  53. ^ 井上梅次 『窓の下に裕次郎がいた ...映画のコツ、人生のコツ』 ネスコ、1987年、77-91頁。ISBN 4-89036-724-1。
  54. ^ 日本映画発達史Ⅳ 1968, pp. 131-135.
  55. ^ 仁義なき日本沈没 2012, pp. 27、102-103.
  56. ^ 日本映画名作完全ガイド 2008, p. 18.
  57. ^ OIZUMI 東映現代劇の潮流|作品解説/ラピュタ阿佐ケ谷“佐久間良子(7) 辞めたい 男性映画“添え物"に不満(私の履歴書) 憧れていたのはメロドラマ”. 日本経済新聞 (日本経済新聞社): p. 36. (2012年2月7日) 梅宮辰夫さん インタビュー | 昭和キネマ横丁 - Part 2(Internet Archive)
  58. ^ 三鬼陽之助「三鬼陽之助のトップ会談〈第95回〉 "任侠路線で観客頂戴いたします" ゲスト・東映社長・岡田茂氏」、『週刊サンケイ』1971年11月5日号、産業経済新聞社、 134-138頁。
  59. ^ 映画界のドン 2012, pp. 81-83、312.
  60. ^ コラム|東映京撮・盟友対談② 『私と東映』 x 沢島忠&吉田達トークイベント(第2回 / 全2回)岡田茂追悼上映『あゝ同期の桜』中島貞夫トークショー(第2回 / 全3回)『私と東映』× 神先 頌尚氏インタビュー(第3回 / 全4回)滅びの美学 任侠映画の世界 - シネマヴェーラ渋谷佐藤忠男(編) 『日本の映画人 -日本映画の創造者たち-』 日外アソシエーツ、2007年、122頁。ISBN 978-4-8169-2035-6。“怪獣だけが映画じゃない、時代劇が銀幕の黄金時代を築いた(戦後の履歴書)”. 日本経済新聞 (日本経済新聞社): p. 9. (1994年11月27日) 松島利行 (1992年4月1日). “〔用意、スタート〕 戦後映画史・外伝 風雲映画城/62 時代劇的な任侠映画”. 毎日新聞夕刊 (毎日新聞社): p. 4 “東映名誉会長 岡田茂氏死去 黄金期支えたドン 希代のヒットメーカー”. 中日新聞 (中日新聞社). (2011年5月10日 朝刊TV解説14頁) 竹中労「連載 日本映画横断その10 大川博社長の死と東映任侠路線(10) 岡田新社長の実現 〈邦画五社はどこへ行く・5〉」、『キネマ旬報』1971年10月秋の特別号、キネマ旬報社、 96 - 99頁。東映ポスター集製作委員会 「東映任侠路線興亡史」『東映ポスター集 ポスターでつづる東映映画史』 青心社、1980年、189頁。ISBN 4-948735-08-6。時代劇感覚で男の侠気を描いたヤクザ映画ならぬ文芸映画 〔人生劇場・飛車角〕」『Japanese Film 1955‐64 昭和30年代のヒットシリーズ〈下〉』 ブラックアンドブルー、ネコ・パブリッシング、1999年、160-163頁。ISBN 4873661781。須藤久 「対談・俊藤浩滋」『鶴田浩二が哭いている 野坂昭如氏への決闘状』 二十世紀書院、1988年、74頁。中原早苗 『女優魂 中原早苗』 ワイズ出版、2009年、176頁。ISBN 9784898302354。工藤栄一・ダーティ工藤 『光と影 映画監督工藤栄一』 ワイズ出版、2002年、122頁。ISBN 9784898301333。木全公彦「侠客道から集団抗争へ やくざ・任侠映画の興隆と終焉」、『東京人』2008年8月号、都市出版、 82 - 84頁。春日太一「東映京都撮影所60年史」、『時代劇マガジン』2007年11月21日発行 Vol.17、辰巳出版、 84頁、 ISBN 9784777804818。関根忠郎「連載 物語『私の映画惹句術』 第十五章 映画製作現場の人々」、『熱風』2011年12月号 第9巻第12号、スタジオジブリ、 70 - 71頁。牧村康正・山田哲久 『宇宙戦艦ヤマトを作った男 西崎義展の狂気』 講談社、2015年、137-138頁。ISBN 978-4-06-219674-1。
  61. ^ 福間良明 『殉国と反逆― 「特攻」の語りの戦後史』 青弓社、2007年、116頁。ISBN 978-4-7872-2022-6。鹿島茂福田和也松原隆一郎 『読んだ、飲んだ、論じた 鼎談書評二十三夜』 飛鳥新社、2004年、206-211頁。ISBN 4-87031-685-4。
  62. ^ 「東映不良性感度映画の世界 追悼・岡田茂 東映不良性感、レアなこの1本!『横浜暗黒街 マシンガンの竜』」、『映画秘宝』2011年8月号、洋泉社、 66頁。秋本鉄次「新世界の映画作家と新作研究10 深作欣二 深作アクションの系譜と『いつかギラギラする日』 深作監督がアクションで本気出せば、これだぜ! "ギャング"という名のロックンロールを歌え!」、『キネマ旬報』1992年9月下旬号、 117-119頁。『神戸国際ギャング』 | 大衆文化評論家 指田文夫公式サイト | 「さすらい日乗」

参考文献[編集]

  • 田中純一郎日本映画発達史Ⅳ中央公論社、1968年。
  • 岡田茂 「証言 製作現場から 『映倫カット問題が格好の宣伝効果を生む』 文・岡田茂」『クロニクル東映 1947-1991 〔Ⅰ〕』 東映、1992年。
  • 岡田茂 「〈ドキュメント東映全史〉 多角化は進んでも東映の看板はやはり映画 岡田茂証言 製作現場から 文・岡田茂」『クロニクル東映 1947-1991 〔Ⅱ〕』 東映、1992年。
  • 石井輝男福間健二 『石井輝男映画魂』 ワイズ出版、1992年。ISBN 4-948735-08-6。
  • 『ぴあシネマクラブ 邦画編 1998-1999』 ぴあ、1998年。ISBN 4-89215-904-2。
  • 「日本大衆娯楽映画秘史~その3 男の映画を作り続けた東映の、任侠プロデューサーたち 文・ダーティ工藤」『悪趣味邦画劇場 映画秘宝Vol.2』 洋泉社。ISBN 4-89691-170-9。
  • 高護ウルトラ・ヴァイヴ 『日本映画名作完全ガイド 昭和のアウトロー編ベスト400 1960‐1980シンコーミュージック、2008年。ISBN 978-4-401-75122-8。
  • 黒沢清四方田犬彦・吉見俊哉・李鳳宇(編) 「日本映画とやくざ、あるいは『不良性感度映画』の時代 文・内藤誠」『日本映画は生きている 第四巻 スクリーンのなかの他者』 岩波書店、2010年。ISBN 978-4-00-028394-6。
  • 春日太一 『仁義なき日本沈没 東宝VS.東映の戦後サバイバル』 新潮社、2012年。ISBN 978-4-10-610459-6。
  • 『映画界のドン 岡田茂の活動屋人生』 文化通信社ヤマハミュージックメディア、2012年。ISBN 978-4-636-88519-4。
  • 『東映の軌跡』 東映株式会社総務部社史編纂、東映株式会社、2016年。
  • 北浦寛之 『テレビ成長期の日本映画』 名古屋大学出版会、2018年。ISBN 978-4-8158-0905-8。