太平洋労働組合書記局

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
太平洋労働組合書記局
中国語
繁体字 太平洋勞動會議秘書處[1]
簡体字 太平洋劳动会议秘书处
ロシア語
ロシア語 Тихоокеанского секретариата профсоюзов
ローマ字 '
英語
英語 Pan Pacific Trade Union Secretariat (PPTUS)
フランス語
フランス語 Secrétariat Syndical Pan-Pacifique (SSPP)

太平洋労働組合書記局(たいへいようろうどうくみあいしょききょく)は、プロフィンテルン(赤色労働組合インターナショナル、RILU)のアジア太平洋支部として、1927年5月の漢口の会議において設立された[2]。会議は書記局の本部を上海に設定した。創立大会への労働組合参加者は、ソ連、フランス、中国、オーストラリア、日本、韓国、フィリピン、イギリス及びインドネシアより来た[3]

書記局の最初の首脳は、アメリカのアメリカ共産党のメンバーであり、後に党首となるアール・ブラウダーであった。最初のメンバーは、彼の義理の兄弟であるハリソン·ジョージであった。

書記局の機関紙は「Pan-Pacific Worker」(日本語版は「太平洋労働者」)であった[4][5]

1931年6月、太平洋労働組合書記局書記員のイレール・ヌーランが上海で逮捕された。本部はウラジオストク十月二十五日街労働宮殿内に設置された[6]。下部組織には「極東労働運動講習所」と「国際海員クラブ」が存在した[6]。日本人は浦潮日本革命者団に所属していた[6]

日本語では、汎太平洋労働組合書記局太平洋職業同盟書記局とも書かれる。中国語では、「太平洋職工秘書處」、「太平洋工會秘書處」、「泛太平洋產業同盟秘書處」、「泛太平洋產業同盟上海辦事處」、「太平洋工会秘书处」などとも書かれる。

関連項目[編集]

出典[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 各国労働法制並政策関係雑件/蘇連邦ノ部 21.太平洋労働会議秘書処ニ関スル件 「JACAR(アジア歴史資料センター)Ref.B04012851900、各国労働法制並政策関係雑件/蘇連邦ノ部(I-4-1-0-1_4)(外務省外交史料館)」
  2. ^ Chesneaux, Jean (1968). The Chinese Labor Movement, 1919-1927. Stanford University Press. p. 551. ISBN 0804706441. http://books.google.com/books?id=xLOrAAAAIAAJ&dq 2014年8月17日閲覧。 
  3. ^ American Labor Yearbook. New York: Labor Research Department Rand School of Social Science. (1929). p. 239. 
  4. ^ “PAN-PACIFIC SECRETARIAT. MORE DISCLOSURES. COMBATING "WHITE TERROR" - Australian Unions' New Alliance”. The Argus. (1928年7月24日). http://trove.nla.gov.au/ndp/del/article/3928927 2014年8月17日閲覧。 
  5. ^ CiNii 雑誌 - 太平洋労働者
  6. ^ a b c 「JACAR(アジア歴史資料センター)Ref.B02030943700、共産党宣伝関係雑件/対日宣伝関係 第八巻(A-3-4-009)(外務省外交史料館)」 標題:1.一般/8 昭和9年10月3日から昭和9年11月30日
  7. ^ 『情報戦と現代史』 加藤哲郎 2007年