太田充

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
おおた みつる
太田 充
生誕 (1960-04-17) 1960年4月17日(61歳)
日本の旗 日本 島根県松江市
国籍日本の旗 日本
出身校東京大学法学部第2類[1]
職業財務官僚
財務事務次官

太田 充(おおた みつる、1960年4月17日[2] - )は、日本財務官僚[3]野田内閣総理大臣秘書官財務省大臣官房総括審議官、財務省理財局長、財務省主計局長を経て、財務事務次官

島根県松江市出身[4]

学歴[編集]

職歴[編集]

人物[編集]

野田内閣内閣総理大臣秘書官を務めた[17]。野田内閣の内閣総理大臣補佐官を務めた外務官僚出身の末松義規衆議院議員立憲民主党)からは、2018年3月20日の衆議院財務金融委員会で、「一党一派に偏しない、日本国に忠誠を尽くす官僚だ。極めて優秀な仕事ぶりに感銘した」と絶賛された[18]

不祥事[編集]

森友学園問題

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c 『東大人名録,第1部』1986年発行、51ページ
  2. ^ 『政官要覧』平成26年秋号、政官要覧社、2014年、842頁。ISBN 978-4-915324-77-2。
  3. ^ a b c “財務次官に福田氏”. 日本経済新聞. (2017年7月4日). https://r.nikkei.com/article/DGXLASFS04H36_U7A700C1EAF000/ 2017年11月30日閲覧。 
  4. ^ a b c “毎日フォーラム・霞が関ふるさと記 島根県”. 毎日新聞. (2016年8月10日). https://mainichi.jp/articles/20160804/org/00m/010/037000c 2017年11月30日閲覧。 
  5. ^ 『財務省名鑑 2019年版』時評社、2019年1月9日発行、30頁
  6. ^ 太田充 財務省主計局長の略歴書→令和2年7月20日
  7. ^ a b “消費増税へ向け、財務省・民自両党も懐柔 "帝王"勝栄二郎財務次官が、強靭な為替介入シフトをしく理由”. ビジネスジャーナル. (2012年8月2日). http://biz-journal.jp/2012/08/post_480.html 2017年11月30日閲覧。 
  8. ^ a b “人事、財務省”. 日本経済新聞. (2011年8月3日). https://r.nikkei.com/article/DGXNASFS02039_S1A800C1EE1000/ 2018年3月9日閲覧。 
  9. ^ “人事、財務省”. 日本経済新聞. (2012年12月27日). https://r.nikkei.com/article/DGXNASFS2702N_X21C12A2EE8000/ 2018年3月9日閲覧。 
  10. ^ “人事、財務省”. 日本経済新聞. (2013年6月28日). https://r.nikkei.com/article/DGXNASFS28043_Y3A620C1EE8000/ 2018年3月9日閲覧。 
  11. ^ “人事、財務省”. 日本経済新聞. (2015年7月7日). https://r.nikkei.com/article/DGXLASFS07H4E_X00C15A7EE8000/ 2018年3月9日閲覧。 
  12. ^ 人事異動 平成27年7月7日発令
  13. ^ 人事異動 平成27年7月9日発令
  14. ^ 週刊東洋経済 6月23日号』特集、2018年6月18日発売
  15. ^ 令和2年7月20日発令 (PDF)”. 財務省 (2020年7月20日). 2020年7月26日閲覧。
  16. ^ 事文部科学省人事SankeiBiz2020.11.24
  17. ^ 「自民・和田氏が発言撤回=理財局長への質問に批判」時事通信
  18. ^ 「財務省・太田充理財局長、国会で針のむしろも実は財務次官候補のエース官僚」産経ニュース
  19. ^ 「財務省が処分する20人」 日本経済新聞 2018年6月4日

関連項目[編集]

官職
先代:
岡本薫明
財務省主計局長
2018年 - 2020年
次代:
矢野康治
先代:
佐川宣寿
財務省理財局
第51代:2017年 - 2018年
次代:
可部哲生
先代:
迫田英典
財務省大臣官房総括審議官
2015年 - 2017年
次代:
可部哲生