太田心平

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

太田 心平(おおた しんぺい、1975年 - )は、日本の社会文化人類学者、社会文化史家、北東アジア研究者。人間文化研究機構国立民族学博物館超域フィールド科学研究部准教授総合研究大学院大学文化科学研究科准教授アメリカ自然史博物館人類学部門上級研究員[1]

人物[編集]

大阪市生まれ。ソウル大学大学院人類学科で博士課程単位取得後、大阪大学大学院人間科学研究科博士後期課程を修了。博士(人間科学)。日本学術振興会特別研究員(PD)、大阪大学大学院人間科学研究科特任助手などを歴任。国立民族学博物館助教を経て、現職[2]

雑誌『vesta』の企画編集委員、責任編集者、特集アドバイザーを務めるなど、研究成果の社会還元や一般読者への発信活動に積極的である。

経歴[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 아사쿠라・오타 (eds.) 2012, pp.346.
  2. ^ http://www.minpaku.ac.jp/research/activity/organization/staff/ota/index

参考文献[編集]

  • 아사쿠라 도시오・오타 심페이, ed (2012) (朝鮮語). 한민족 해외동포의 현주소. 학연문화사. ISBN 978-89-5508-281-4. http://www.hakyoun.co.kr/book_detail.asp?bid=493.