太田忍

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
太田 忍
個人情報
フルネーム 太田 忍
国籍 日本の旗 日本
生誕 (1993-12-28) 1993年12月28日(26歳)
青森県三戸郡五戸町
身長 165 cm (5 ft 5 in)
スポーツ
競技 レスリング
種目 男子グレコローマン59kg級
大学チーム 日本体育大学
クラブ 綜合警備保障
 
獲得メダル
日本の旗 日本
男子 レスリング・グレコローマンスタイル
オリンピック
2016 リオデジャネイロ 59kg級
世界選手権
2019 ヌルスルタン 63kg級
アジア大会
2018年 ジャカルタ 60kg級


2018年 ビシュケク 60kg級
太田 忍
YouTube
チャンネル
活動期間 2020年6月4日 -
ジャンル スポーツ
登録者数 10,000
総再生回数 1,200,000
チャンネル登録者数、総再生回数は2020年6月5日時点。
テンプレートを表示

太田 忍(おおた しのぶ、1993年12月28日[1] - )は、日本レスリング選手。青森県三戸郡五戸町出身[2]日本体育大学体育学部体育学科卒業。綜合警備保障所属。素早い身のこなしから海外では「忍者レスラー」と呼ばれる[3]

来歴[編集]

五戸町立倉石中学校から山口県柳井学園高等学校に進み、2011年のおいでませ!山口国体少年男子グレコローマン55㎏級で優勝した[1]。多くの大学から誘いがあったが、グレコローマンの強豪がひしめく日体大に進学する。

日本体育大学3年時にハンガリー・グランプリで国際大会初優勝[1]。4年時には天皇杯で初優勝を果たす[1]

2016年、リオデジャネイロオリンピックアジア予選に出場、1回戦でロンドンオリンピック金メダリストのイランハミド・スーリヤンを破ると、2回戦でウズベキスタンのフィルス・ツクタエフ、準決勝で韓国のキム・セウンハクを破り、決勝で中国のワン・ルミンに敗れたものの五輪本大会出場権を獲得した[1]

大学卒業後の2016年4月に金メダルを目指せる環境を求め、綜合警備保障に入社した[1]

2016年8月のリオデジャネイロオリンピックでは1回戦でイランのスーリヤンに判定勝ちし、2回戦では前年の世界選手権3位のカザフスタンのケビスパエフを6-0、3回戦でも2014年世界選手権3位のノルウェーのスティグアンドレ・ベルゲを4-0で判定勝ちし、準決勝ではロンドンオリンピック55kg級銀メダリストのアゼルバイジャンのロフシャン・バイラモフをフォール勝ちして決勝に進出した。決勝では前年の世界選手権王者であるキューバのイスマエル・ボレロモリナに敗れたが、グレコローマンスタイルでは2000年シドニーオリンピック永田克彦以来の銀メダルを獲得した[4][5][6]。2018年のアジア大会では60㎏級で優勝した[7]。2019年の全日本選抜選手権60kg級では決勝で元世界チャンピオンの文田健一郎に1-4で敗れた。このため、東京オリンピックは67kg級で代表を狙うという[8]。非オリンピック階級である63kg級の世界選手権代表選考プレーオフで勝利して、この階級の代表に選ばれた[9]世界選手権では決勝でロシアの選手を破って優勝した[10]。全日本選手権では67㎏級に出場するも、人生で初めてだという初戦負けを喫して、東京オリンピック代表になることはできなかった[11]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e f “表敬選手の概要等” (PDF) (プレスリリース), 山口県, (2016年3月25日), http://www.pref.yamaguchi.lg.jp/press/201603/033722_f1.pdf 
  2. ^ “太田忍(五戸町出身)レスリング五輪代表に”. 東奥日報. (2016年3月18日). http://www.toonippo.co.jp/news_too/nto2016/20160318011530.asp 
  3. ^ “「忍者レスラー」グレコ太田 大金星で五輪切符”. スポーツニッポン. (2016年3月19日). http://www.sponichi.co.jp/sports/news/2016/03/19/kiji/K20160319012238930.html 
  4. ^ レスリングでの「階級」とは?”. 【SPAIA】スパイア (2016年10月12日). 2020年11月15日閲覧。
  5. ^ レスリングのオリンピック日本人男子メダリストを紹介、偉大な功績を残した3選手”. 【SPAIA】スパイア (2020年5月4日). 2020年11月14日閲覧。
  6. ^ 太田、涙の銀メダル…グレコ59キロ級 決勝で敗れ「悔しいです」” (2016年8月15日). 2016年8月16日閲覧。
  7. ^ 太田忍が男女通じ今大会レスリング初の金メダル スポーツ報知 2018年8月21日
  8. ^ リオ銀・太田敗れる…東京五輪67キロ級で目指す まずは世界選手権63キロ級PO参戦 スポーツ報知 2019年6月16日
  9. ^ わずか2分で決着 リオ五輪銀の太田、63キロ級で世界代表に 産経新聞 2019年7月21日
  10. ^ 63キロ級の太田が金=グレコ、55キロ級小川は銅-世界レスリング 時事通信 2019年9月15日
  11. ^ 太田「整理つかない」 全日本レスリング 時事通信 2019年12月21日