太田忠

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

太田 忠(おおた ただし、1901年8月29日 - 没年不明[1])は、日本作曲家ピアニスト

経歴[編集]

東京に生まれた。8歳からオルガンに親しみ、15歳からピアノ作曲を学んだ。 1919年に商業学校を卒業した後、歌曲童謡を数多く作曲し、1924年にはピアノ練習曲を約30曲書いた[2]

1927年に、管弦楽曲の作曲を志し、同年、新交響楽団にピアニストとして入団した。後にコロナ・オーケストラを経てP.C.L.管弦楽団へ移籍した[2]

1930年新興作曲家連盟に参加し、伊藤昇の《黄昏の単調》の演奏に加わる一方、ピアノ曲《ピエース》や歌曲《少女の子守唄》を発表した[1]

1934年清瀬保二、伊藤昇、江藤輝、石井五郎、中井俊二らと『新音楽派』を結成し、無調微分音的作風を追究。ピアノ曲《都会の構成》で注目を浴びた[1]1936年に発表したピアノ曲《交通標識》はアレクサンドル・チェレプニンに高く評価され、チェレプニンの手により演奏、録音、出版 (チェレプニン・コレクション No.5) された[2]

1937年東宝映画の音楽監督となるが、1941年に退社した[2]。また、1940年にはJOAKの委嘱により、国民詩曲として《狂詩曲第一》を提出した[2]

1943年春以降、満州国新京音楽団の専属作曲家として1年滞在し、満州音楽の調査、採譜、研究を行い、管弦楽曲《牡丹江組曲》を作曲し、満映にて劇映画3本、文化映画3本の音楽を担当し、蒙古に関する貴重な記録を残したが、これらは戦災で焼失した[2]

1945年に帰国し、東宝管弦楽団のピアノ奏者を経て、日本劇場の振り付けピアノ奏者を務め、バレエ音楽を手がけた。なお、日本劇場在籍後の消息は不明である[1]

主要な作品[編集]

管弦楽曲[編集]

  • 山に寄する(昭和12年)
  • 狂詩曲第一(昭和15年)
  • 交響組曲「昭和の聖業」
  • 前奏曲(昭和18年)
  • 戦の太鼓(昭和19年)

室内楽曲[編集]

  • 前奏曲(昭和3年)クラリネット、アルトクラリネット、バスクラリネット、ピアノ。
  • 原始の唄 三章(昭和6年)フルートオーボエ、クラリネット、ファゴット、ピアノ、弦楽四重奏
  • 都会の構成(昭和9年)2台ピアノ
  • 前奏曲とロマンス(昭和15年)オーボエ、ヴァイオリン、ピアノ
  • 「土爾扈特(トルゴト)」七重奏(昭和18年)フルート、オーボエ、クラリネット、ファゴット、弦楽三重奏
  • 「漁翁楽」による幻想曲(昭和18年)フルート、オーボエ、クラリネット、ファゴット、ピアノ

独奏曲[編集]

  • 牧歌(昭和5年)ピアノ独奏
  • 原始の唄 三章(昭和6年)ピアノ独奏

声楽曲[編集]

  • 少女の子守唄

舞台音楽[編集]

  • 灰色の感覚(昭和22年)ピアノ独奏
  • 不安をモチーフとして(昭和22年)ピアノ独奏
  • 赤い土(朝鮮民謡による)(昭和22年)ピアノ独奏
  • 平行線(昭和22年)ピアノ独奏
  • メカニック(昭和22年)1管ジャズ編成
  • 舞踊組曲「でもね」(昭和25年)

映画音楽[編集]

東宝映画[編集]

満映映画[編集]

  • 『娘々廟会』(映画本編には「作曲:太田忠」とクレジットされているが、太田本人は作曲に難航し、一部分を早坂文雄が代作した)
  • 『北載河』

脚注[編集]

[脚注の使い方]

参考文献[編集]

  • 富樫康『日本の作曲家』音楽之友社、1956年、95頁。
  • 細川周平片山杜秀 監修「太田 忠」『日本の作曲家 近現代音楽人名事典』日外アソシエーツ、2008年、132頁。ISBN 978-4-8169-2119-3。