太田敬三

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

太田 敬三(おおた けいぞう、1902年12月27日 - 1996年4月1日)は、日本医学者、東宮侍医。専門は、小児科学

略歴[編集]

長野県諏訪郡上諏訪町(現・諏訪市)出身。長野県立諏訪中学校(現・長野県諏訪清陵高等学校)、旧制松本高等学校を経て、1926年東京帝国大学医学部医学科卒業。1937年宮内省侍医寮勤務を経て、1945年東京医学歯学専門学校(現・東京医科歯科大学)講師、のち教授。1949年初代東京医学歯学専門学校附属医院国府台分院長。1956年東京医科歯科大学医学部附属病院長。1968年同大学学長を歴任した。その他、東京生化学研究会理事を務めた。1974年勲二等旭日重光章受章。

著書[編集]

  • 『小児科学テキスト』 診断と治療社、1959年
  • 『小児科学』 医学書院、1960年
  • 『スタンダード看護事典』 金原出版、1962年
  • 『小児科治療 - 私はこう治療している』 金原出版、1968年

参考文献[編集]

  • 『現代物故者事典 1994〜1996』日外アソシエーツ
先代:
岡田正弘
東京医科歯科大学学長
第3代:1968年-1969年
次代:
清水文彦