太田昌孝 (医学者)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

太田 昌孝(おおた まさたか、1941年 - 2018年) は、日本医学者精神科医。専門は小児・思春期精神医学発達障害科学。東京大学精神神経科小児部デイケア時代に、永井洋子とともに自閉症の子どもの認知発達の段階を評価し、その子に合った治療教育を行うことができる「太田ステージ」を開発し、普及に努めた。

学歴[編集]

経歴[編集]

役職[編集]

編著書[編集]

  • 『心の健康大百科 メンタルヘルス辞典 増補改訂版』(同朋舎、pp 463-475)
  • 『精神科臨床ニューアプローチ7』
  • 『精神看護エクスペール 12』(中山書店、pp 90-98)
  • 『精神遅滞』(専門医をめざす人への精神医学 第2版 医学書院、pp 474-480)
  • 『発達障害児への教育的訓練』(新世紀の精神科的治療 第6巻 認知科学と臨床 中山書店、pp 287-302)
  • 『発達障害児の心と行動』
  • 『太田ステージによる自閉症療育の宝石箱』(日本文化科学社、2011年)ISBN 978-4821073542
  • 『自閉症治療の到達点』(日本文化科学社、2015年)ISBN 978-4821073665

脚注[編集]

  1. ^ 博士論文書誌データベース