太田清之助

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

太田 清之助(おおた せいのすけ、1909年明治42年)1月19日 - 1989年平成元年)2月26日[1])は、日本の実業家。元・博多大丸会長。元・大日本麦酒技師[2]

第一徴兵保険(後の東邦生命保険)社長、衆議院議員、貴族院議員などを務めた四代目太田清蔵の四男。東邦生命保険社長五代目太田清蔵の弟[2]。元・自民党衆議院議員太田誠一ホテル日航福岡社長太田輝幸の実父。妻・俊子は商工大臣、農林大臣、大蔵大臣など歴任した櫻内幸雄の三女。

経歴・人物[編集]

福岡県福岡市出身[3]1933年九州帝国大学農学部農芸化学科卒業[3]。大日本麦酒に入り1938年、兵役[3]1946年香椎農園1949年日東食品を各経営[3]1951年、前二事業を閉鎖[3]1952年1月、東邦生命嘱託となる[3]。同年12月、博多大丸常務取締役[3]。趣味はゴルフ、写真、清元小唄[3]。宗教は曹洞宗[3]

家族・親族[編集]

太田家

福岡市早良区城西

  • 妻・俊子(島根県人・櫻内幸雄の三女)[3]
1918年 - 2004年
  • 長女[3]
  • 長男・誠一[3](政治家)
1945年 -
  • 二男・輝幸[3](実業家)
1948年 -

脚注[編集]

  1. ^ 『「現代物故者事典」総索引 : 昭和元年~平成23年 1 (政治・経済・社会篇)』232頁。
  2. ^ a b 『人事興信録 第13版 上』オ180頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2016年1月14日閲覧。
  3. ^ a b c d e f g h i j k l m 『大衆人事録 第二十三版 西日本編』お215頁。

参考文献[編集]

  • 人事興信所編『人事興信録 第13版 上』人事興信所、1941年。
  • 広瀬弘『大衆人事録 第二十三版 西日本編』帝国秘密探偵社、1963年。
  • 『「現代物故者事典」総索引 : 昭和元年~平成23年 1 (政治・経済・社会篇)』日外アソシエーツ株式会社、2012年。