太田聰一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
太田 聰一
研究機関 (機関)慶應義塾大学
研究分野 労働経済学
母校 京都大学(学士、修士)
ロンドン・スクール・オブ・エコノミクス (Ph.D.)
テンプレートを表示

太田 聰一(おおた そういち、1964年 - )は、日本経済学者慶應義塾大学経済学部教授。専門は労働経済学

経歴[編集]

1964年京都府京都市出身。洛南高等学校を経て1987年京都大学経済学部を卒業、京都大学大学院経済学研究科博士前期課程を1989年に修了。その後、ロンドン・スクール・オブ・エコノミクス大学院に留学。最終取得学位はPh.D. (Economics, London School of Economics)。

1994年名古屋大学に入職し、名古屋大学経済学部で助手、講師、助教授を務め、2004年名古屋大学大学院経済学研究科教授となる。 2005年慶應義塾大学経済学部教授に就任。

賞詞[編集]

  • 冲永賞(第18回)〈論文部門〉
  • エコノミスト賞(第51回)

著書[編集]

  • 「もの造りの技能―自動車産業の職場で」(小池和男、中馬宏之との共著)- 東洋経済新報社(2001年)。
  • 「労働経済学入門」(橘木俊詔との共著)- 有斐閣(2004年)
  • 「NLAS マクロ経済学」(齊藤誠、岩本康志、柴田章久との共著)- 有斐閣(2010年)
  • 「若年者就業の経済学」- 日本経済新聞出版社(2010年)