太田貞固

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

太田 貞固(おおた さだもと、嘉永3年3月11日1850年4月22日) - 明治40年(1907年10月21日)は、日本の陸軍軍人。最終階級は陸軍少将

経歴[編集]

信濃国松本城下に松本藩士の子として生まれる。藩校崇教館に学び、慶応年間には藩の師範代となる。1870年藩命により大阪陸軍兵学寮に入り1872年卒業。のち西南戦争に従軍。

日清戦争では貔子窩に上陸し金州城の戦いに参戦。下関条約で日本が台湾を支配すると、守備隊歩兵第4連隊長として嘉義城に入城。1898年第1師団歩兵第15連隊長、1900年第7師団歩兵第26連隊長。

日露戦争では盛京省鳳凰城を守備し遼陽会戦沙河会戦に参戦。1905年後備歩兵第1旅団長となり、陸軍少将となる。その後歩兵第30旅団長として再出征し、1906年予備役に編入され帰朝した。

栄典・授章・授賞[編集]

位階
勲章等
外国勲章佩用允許

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『官報』第6660号「叙任及辞令」1905年9月9日。
  2. ^ 『官報』第1938号「叙任及辞令」1889年12月12日。
  3. ^ 『官報』第3849号・付録「辞令」1896年5月1日。
  4. ^ 『官報』第4027号「叙任及辞令」1896年11月30日。
  5. ^ 『官報』号外「叙任及辞令」1906年12月30日。
  6. ^ 『官報』第6902号「叙任及辞令」1906年7月3日。

参考文献[編集]

  • 信濃史談会 編『信濃之人』求光閣書店、1914年。