太田資俊

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 
太田資俊
時代 江戸時代中期
生誕 享保5年(1720年
死没 宝暦13年12月10日1764年1月12日
改名 新六郎(幼名)→資俊
戒名 道俊日潤慈徳院
墓所 静岡県三島市妙法華寺
官位 従五位下摂津守
幕府 江戸幕府奏者番寺社奉行
主君 徳川吉宗家重家治
上野館林藩主→遠江掛川藩
氏族 太田氏
父母 父:太田資晴、母:戸田氏定
兄弟 資俊資胤、晴郷、戸田氏住、佐野茂幸、千本嘉隆、太田資賢正室[1]、角倉玄篤室、堀田正邦正室、太田資知正室、井上正辰正室、芳春院ら
正室:板倉重治養女[2]
資愛板倉勝志正室、久留島通祐正室、稲垣長以継室、内藤頼尚正室ら
養子:芳春院[3]

太田 資俊(おおた すけとし)は、江戸時代中期の大名上野国館林藩主。遠江国掛川藩初代藩主。江戸幕府寺社奉行。掛川藩太田家5代。官位従五位下摂津守

略歴[編集]

大坂城代などを務めた太田資晴の長男として誕生。母は戸田氏定の娘。正室は板倉重治の養女(板倉勝清の娘)。子に太田資愛(次男)、娘(板倉勝志正室)、娘(久留島通祐正室)、娘(稲垣長以継室)、娘(内藤頼尚正室)らがいる。養女(太田資晴の娘)は松平乗穏に嫁いだ。

幼名は新六郎。元文5年(1740年)、家督を継いだ。奏者番となる。延享3年(1746年)9月25日、館林から掛川に移封された。後に寺社奉行にもなった。宝暦13年(1763年)12月10日、掛川にて死去し、跡を次男の資愛が継いだ。法号は道俊日潤慈徳院。墓所は静岡県三島市妙法華寺

脚注[編集]

  1. ^ のち加藤泰都継室
  2. ^ 板倉勝清の娘
  3. ^ 太田資晴の娘、松平乗穏正室