太田資功

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
 
太田資功
時代 江戸時代後期
生誕 文政10年6月1日1827年6月24日
死没 文久2年1月14日1862年2月12日
改名 新六郎(幼名)、資功
墓所 静岡県三島市妙法華寺
官位 従五位下摂津守備中守
幕府 江戸幕府 奏者番寺社奉行
主君 徳川家慶家定家茂
遠江掛川藩
氏族 太田氏
父母 太田資始
兄弟 資功秋元礼朝内藤政挙資美、宝、籌、相馬充胤継々室、短子、松平忠誠正室
青山忠良
板倉勝弼夫人
資美
テンプレートを表示

太田 資功(おおた すけかつ)は、江戸時代後期の大名遠江国掛川藩6代藩主。官位従五位下摂津守備中守。掛川藩太田家10代。

略歴[編集]

5代藩主・太田資始の長男。幼名は新六郎。

天保12年(1841年)3月25日、12代将軍・徳川家慶御目見する。同年6月10日、父・資始の隠居に伴い家督を継ぐ。同年12月16日、従五位下摂津守に叙任する。後に備中守に改める。弘化4年(1847年)5月26日、奏者番に就任する。嘉永2年(1849年)1月28日、寺社奉行見習を兼任する。嘉永3年9月1日、寺社奉行兼任となる。安政3年(1856年)9月18日、病気を理由にして寺社奉行を辞任する。

文久2年(1862年)正月14日、父に先立って36歳で死去し、跡を弟(資功の四男との説もある)で養嗣子の資美が継いだ。墓所は三島市妙法華寺