太田資直

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
 
太田 資直
時代 江戸時代前期 - 中期
生誕 万治元年(1658年
死没 宝永2年1月2日1705年1月26日
別名 左近(通称)
戒名 高徳院殿道祐日運大居士
墓所

静岡県藤枝市藤枝の大慶寺

静岡県三島市妙法華寺
官位 従五位下、備後守、備中守、摂津
幕府 江戸幕府若年寄
摂津下総国内→駿河田中藩
氏族 太田氏
父母 父:太田資次
母:能勢頼次の養女(松平昌重の娘)
兄弟 資直、資明、資方
正室:板倉重常の娘
男子4人早世、資晴、娘(松平乗賢正室)

太田 資直(おおた すけなお)は、駿河田中藩の初代藩主。掛川藩太田家3代。

生涯[編集]

万治元年(1658年)、大坂城代寺社奉行を務めた太田資次の次男として生まれる。寛永12年(1672年)12月28日に従五位下・備後守に叙位・任官する。天和3年(1683年)8月11日に備中守に遷任する。貞享元年(1684年)4月に父が死去したため、家督を継いで摂津・河内下総などの所領、およそ5万2000石を相続した。このとき、弟の資方に常陸2000石を分与したため、5万石となる。7月19日に駿河田中に移封された。

貞享2年(1685年)6月10日に奏者番に任じられ、8月9日に若年寄に任じられる。9月4日に摂津守に遷任する。貞享3年(1686年)1月11日、将軍・徳川綱吉の近習に任じられたが、6月29日に病を理由に辞任する。しかしこれが綱吉の怒りを買い、元禄元年(1688年)12月18日まで出仕を停止された。

宝永2年(1705年)1月2日、田中で死去。享年48。長男から四男は全て早世していたため、末子で五男の資晴が跡を継いだ。


先代:
太田資次
摂津・河内・下総国内
1684年
次代:
-