太田賢 (植物学者)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

太田 賢(おおた まさる)は、日本の植物学者。元筑波大学生命環境科学研究科 国際地縁技術開発科学専攻講師。専門分野は植物生理学、植物分子生物学である。現在、植物(作物)の環境の浄化、乾燥、塩などの悪環境耐性、増収に関する機能を研究している。

略歴[編集]

  • 1990年3月 埼玉大学理学部生化学科卒業
  • 1995年3月 名古屋大学大学院理学研究科博士後期課程生物学専攻修了
  • 1995年 名古屋大学博士(理学)
  • 1995年10月 - 2000年3月工業技術院生命工学工業技術研究所・特別研究員
  • 2000年4月 - 2001年3月三菱化学植物工学研究所・研究員
  • 2001年4月 - 2002年12月アリゾナ大学植物科学科・リサーチアソシエーツ
  • 2003年1月 - 現職

主要な研究論文[編集]

  • Ohta, M., Ohme-Takagi, M. and Shinshi, H. (2000) Three ethylene-responsive transcription factors in tobacco with distinct transactivation functions. Plant J. 22: 29-38
  • Ohta, M., Matsui, K., Hiratsu, K., Shinshi, H. and Ohme-Takagi, M. (2001) Repression Domains of Class II Transcriptional Repressors Share an Essential Motif for Active Repression. Plant Cell 13: 1959-1968.
  • Lee, H., Guo, Y., Ohta, M., Xiong, L., Stevenson, B. and Zhu, J-K. (2002) LOS2, A Genetic Locus Required For Cold-Responsive Gene Transcription Encodes A Bifunctional Enolase. EMBO J. 21: 2692-2702.
  • Ohta, M., Hayashi, Y., Nakashima, A., Hamada, A., Tanaka, A., Nakamura, T. and Hayakawa, T. (2002) Salt tolerance of Rice is conferred by introduction of a Na+/H+ antiporter gene from Atriplex gmelini. FEBS Lett. 532: 279-282.
  • Chinnusamy, V., Ohta, M., Kanrar, S., Lee, BH., Hong, X., Agarwal, M. and Zhu J.-K. (2003) ICE1: a regulator of cold-induced transcriptome and freezing tolerance in Arabidopsis. Genes Dev. 17: 1043-1054.