太白

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

太白(たいはく)は、以下の物を指す。

  • 古代中国での金星
  • 宵の明星 - 中国では、古くは、宵の明星と暁の明星とを別々の星と考えており、明けの明星を「啓明」(けいめい)、宵の明星を「長庚」(ちょうこう)、と呼び分けていた。「太白」は金星そのものの他に、宵の明星=「長庚」を指す。
  • 虚空蔵菩薩
  • 太白金星 - 中国の、金星を司る仙人。「西遊記」によく登場する。

人物[編集]

  • 李白 - の詩人。字は「太白」。李白が生まれた時に、母が懐に長庚星が入る夢を見たために、名づけられたとされる。
  • 太伯 - (中国春秋時代)の祖。別表記「太白」。

地名[編集]

品種[編集]

  • タイハク(太白) - サクラの品種の一つ。

関連項目[編集]