太皷谷稲成神社

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
太皷谷稲成神社
太皷谷稲成神社拝殿
所在地 島根県鹿足郡津和野町後田409
位置 北緯34度27分55.5秒
東経131度46分09秒
主祭神 宇迦之御魂命
伊弉冉尊
社格 郷社、別表神社
創建 安永2年(1773年
例祭 11月15日
主な神事 初午大祭
テンプレートを表示
全景。参道には約1000本の朱塗りの奉納鳥居が連なる[1]

太皷谷稲成神社(たいこだにいなりじんじゃ)は、島根県鹿足郡津和野町にある神社。別表神社にして旧社格郷社。通称「津和野のおいなりさん」。全国で唯一「いなり」を「稲成」と表記する神社とされる[2]宇迦之御魂神稲荷神)と伊弉冉尊を祀る。

まれに日本三大稲荷の一つとされることがあるが[3]、一般的には日本五大稲荷の一つに数えられ、出雲大社に次いで県内2位の年間参拝客を数える[1]

歴史[編集]

安永2年(1773年)、津和野藩7代藩主亀井矩貞が、藩の領民安寧のために京都の伏見稲荷大社から勧請を受け、三本松城(津和野城)の鬼門に当たる太皷谷の峰に社を創建したのに始まる。以降、歴代藩主の崇敬を受け、廃藩後は庶民も参拝できるようになり、中国地方有数の稲荷神社となった。

近年は「日本五大稲荷」を称している(他の4社は伏見稲荷大社・笠間稲荷神社竹駒神社祐徳稲荷神社)。

1935年昭和10年)に郷社に列格した。拝殿、本殿は1969年(昭和44年)に建て直された[1]

社名[編集]

津和野城の城山の一角に位置し、江戸期には時刻を知らせる太鼓が鳴り響いた谷間であったことから太鼓谷と呼ばれる[4]。「稲成」と表記するのは、願い事が叶うようにとの思いからとされる[4]。 もとより藩主のみ崇敬を許される城内社であったが、ある日城の御蔵番が蔵の鍵を紛失した廉にて切腹の沙汰を申し付けられ、禁を犯して七日七晩願掛けに通ったところ、願い叶って蔵の鍵が見つかり助命されたという故事より、“成”の字を用いるようになったと伝わる[5]

祭事[編集]

  • 2月初午 初午大祭
  • 3月旧初午 旧初午祭
  • 5月15日 春季大祭
  • 11月15日 例祭
  • 11月16日 秋季大祭
  • 11月23日 新嘗祭

など

文化財[編集]

島根県指定有形文化財[1]
天球儀、地球儀 - 堀田仁助
紙本著色日本国地理測量之図、紙本著色東三拾三国沿岸測量之図 - 伊能忠敬の測量図を高橋景保が模写したもの

宝物[編集]

<展示物>

『元武公虎狩之図』(栗本格斎画 朝鮮出兵時在陣中亀井茲矩虎狩絵図)

『贈虎礼状』(豊臣秀吉礼状 祐筆長束正家書)

『因幡鹿野城瓦』(亀井氏略紋)

『山水図』(多胡逸斎画)

『因州記』(多胡氏著 絵付旅日記 山中幸盛菩提寺法事参列旅程記録)

『三代藩主茲親筆掛軸』(題字:愛 人皆炎熱苦我夏日長愛)

『七代藩主矩貞作 御庭焼』(藩主製作 広皿焼物 三点)

『藩校養老館扁額』(八代藩主矩賢揮毫)

『十一代藩主茲監着用直垂』

『津和野城下絵図 掛軸三幅組』(栗本格斎画)

『艱民図』(山本栞谷画 明治天皇陛下献上品副)

『上杉久輿入道具』(竹雀紋、上杉茂憲伯爵五女)

『亀井修子御食初道具』(亀井氏紋、亀井茲常伯爵長女)

『神狐像』一対他(明治天皇第九皇女 北白川宮妃房子殿下奉納)

<非展示物>

『桜廼舎文庫』(岡熊臣蔵書、岡熊臣著『日本書紀私伝』を含む)

『椋木潜文庫』(志士椋木潜蔵書、明治期の広範な学術文献及教育文献中心、三十五箱四百拾六部弐千六百四拾八冊)

『佐伯利麿文庫』(佐伯利麿蔵書)

『江戸三十三間堂図』(尾形月耕画)

『吉賀記』(尾崎太左衛門著)(写本:太皷谷稲成神社本、吉賀津和野地域古伝・歴代藩公出自事績等を紀伝体にて収む、装丁は無頁及び崩れ有)

参考文献[編集]

  • 白井永二・土岐昌訓編『新装普及版 神社辞典』 1997年 東京堂出版 ISBN 4-490-10474-X

脚注[編集]

  1. ^ a b c 太皷谷稲成神社公益社団法人 島根県観光連盟
  2. ^ 厳密には、宗教法人としては他に2社存在する。稲成神社 (曖昧さ回避)を参照。
  3. ^ 益田地区労働者福祉協議会”. 島根県労働者福祉協議会. 2018年11月16日閲覧。
  4. ^ a b 御由緒太皷谷稲成神社
  5. ^ 稲成の言い伝え”. 2019年6月5日閲覧。太皷谷稲成神社