太閤記 (1987年のテレビドラマ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
太閤記
ジャンル 時代劇
企画 日下部五朗
佐伯明
脚本 高田宏治
野波静雄
監督 岡本喜八
出演者 柴田恭兵
松坂慶子
名取裕子
秋吉久美子
安田成美
十朱幸代
松方弘樹
竹脇無我
千葉真一
ナレーター 仲代達矢
オープニング 佐藤勝
エンディング 佐藤勝
時代設定 戦国時代安土桃山時代
製作
プロデューサー 清水敬三
中山正久
浜井誠 (TBS)
制作 TBS
放送
放送国・地域 日本の旗 日本
放送期間 1987年1月1日
放送時間 元日 18:00 - 22:24
放送枠 TBS大型時代劇スペシャル
放送分 220分
回数 1
太閤記

特記事項:
製作 : 東映

太閤記』(たいこうき)は、日本時代劇TBS大型時代劇スペシャルの第一作として、1987年1月1日TBS系列で放送された。製作東映 / TBS

概要[編集]

豊臣秀吉のサクセスストーリーを夢と躍動感で描き、秀吉を中心に織田信長明智光秀の3人に絞り、ストーリーが展開されていく[1]。各人物の生き様をはっきり描きながら[1]、彼らの激しい生き様とそれぞれの愛を育くもうとする女達を描いた物語[2]東映東宝大映などで活躍してきた俳優・監督・スタッフや、テレビドラマを中心に活動する俳優が結集して制作されたテレビ映画である[3]

1986年に当時TBSの編成局次長だった志甫溥が東映京都撮影所を訪れた際、たまたま、岡田茂東映社長が京都に来ていて「それなら飲みましょう」と志甫、岡田、高岩淡、日下部五朗の四人で酒を汲み交わし、岡田と日下部が友人同志みたいな口の利き方でからかい合うので、志甫がビックリし、「こういう雰囲気の会社なら是非お願いしたい」と東映が製作を発注するに至った[4]

2004年10月22日にビクターエンターテインメントからDVDが販売された[2]

ストーリー[編集]

キャスト[編集]

※エンディングクレジット表記順。

スタッフ[編集]

※エンディングクレジット表記順。

脚注[編集]

  1. ^ a b 太閤記”. TBSチャンネル. 2016年1月18日閲覧。
  2. ^ a b 大型時代劇シリーズ / 太閤記 / DVD(2枚組)”. TBSishop. 2016年1月18日閲覧。
  3. ^ 太閤記 - allcinema
  4. ^ 「東映・高岩淡専務の京撮への熱い想い入れ 『東映京都撮影所の溢れる活力』」、『AVジャーナル』1989年3月号、文化通信社、 34頁。
TBS系列 TBS大型時代劇スペシャル
前番組 番組名 次番組
-
太閤記