太閤通

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
日本 > 愛知県 > 名古屋市 > 中村区 > 太閤通
太閤通
—  町丁  —
中村区役所駅 1番出入口
太閤通の位置(愛知県内)
太閤通
太閤通
太閤通の位置(名古屋市内)
太閤通
太閤通
太閤通の位置
座標: 北緯35度10分3.83秒 東経136度51分58.14秒 / 北緯35.1677306度 東経136.8661500度 / 35.1677306; 136.8661500
日本の旗 日本
都道府県 Flag of Aichi Prefecture.svg 愛知県
市町村 Flag of Nagoya, Aichi.svg 名古屋市
中村区
町名制定[1] 1932年昭和7年)3月1日
面積[2]
 - 計 0.1348946km2 (0.1mi2)
人口 (2019年(平成31年)2月1日現在)[3]
 - 計 2,300人
等時帯 日本標準時 (UTC+9)
郵便番号 453-0811[4]
市外局番 052 (名古屋MA)[5]
ナンバープレート 名古屋

太閤通(たいこうとおり)は、愛知県名古屋市中村区地名。現行行政地名は太閤通3丁目から太閤通9丁目[2]住居表示未実施[6]

地理[編集]

名古屋市中村区中央部に位置する[7]。東は太閤四丁目、西は鳥居西通に接する[7]

歴史[編集]

地名の由来[編集]

当地が豊臣秀吉ゆかりの地であることに由来する[8]

沿革[編集]

  • 1932年昭和7年)3月1日 - 西区中村町・下中村町の各一部により、同区太閤通として成立[1]
  • 1933年(昭和8年)
  • 1938年(昭和13年)6月1日 - 西区牧野町・米野町・日比津町・下中村町・中村町の各一部を編入する[1]
  • 1937年(昭和12年)10月1日 - 中村区成立に伴い、同区太閤通となる[1]
  • 1938年(昭和13年)6月1日 - 以下の通り異同が実施された。
    • 太閤通1丁目に、牧野町字出郷前・字四分市・字宇多利・字六ノ内・字炭焼・5〜7丁目および米野町字牧野裏の各一部を編入する[9]
    • 太閤通2丁目に、米野町字牧野裏・字村裏・字中田および牧野町字六ノ内・字村裏・8丁目の各一部を編入する[9]
    • 太閤通3丁目に、米野町字中田・字西中田の各一部を編入する[9]
    • 太閤通4丁目に、米野町字西中田・字若宮裏・字七畝割の各一部を編入する[9]
    • 太閤通5丁目に、米野町字七畝割・字戸崎および日比津町字野合の各一部を編入する[9]
    • 太閤通6丁目に、日比津町字野合および中村町字柳原および下中村町字三枡田迎・字三枡田の各一部を編入する[9]
    • 太閤通7丁目に、下中村町字三枡田迎・字三枡田および中村町字柳原および太閤通の各一部を編入する[9]
    • 太閤通8丁目に、太閤通および中村町字楠・字大島の各一部を編入する[9]
    • 太閤通9丁目に、中村町字大島・字田中勘定および下中村町字砂田および太閤通5丁目の各一部を編入する[9]
  • 1940年(昭和15年)5月18日 - 以下の通り異同が実施された。
    • 太閤通1丁目に、米野町字牧野裏および牧野町字六ノ内・字宇多利の各一部を編入する[10]
    • 太閤通2丁目に、米野町字牧野裏の一部を編入する[10]
  • 1941年(昭和16年)3月15日 - 以下の通り異動が実施された。
    • 太閤通4丁目に、米野町字七畝割の一部を編入する[11]
    • 太閤通5丁目に、米野町字七畝割・字戸崎の各一部を編入する[11]
  • 1950年(昭和25年)11月1日 - 名楽町1丁目に、太閤通5丁目の一部が編入される[12]
  • 1974年(昭和49年)8月11日 - 以下の通り異動が実施された。
    • 竹橋町に太閤通2丁目・3丁目の各一部が編入される[13]
    • 椿町に太閤通1丁目の一部を編入する[13]
  • 1981年(昭和56年)6月7日 - 以下の通り異動が実施された。
    • 太閤一丁目に太閤通1丁目の一部が編入される[14]
    • 太閤三丁目に太閤通1丁目の一部を編入される[14]
    • 太閤四丁目に太閤通2丁目・3丁目の各一部が編入される[14]
    • 名駅南一丁目に太閤通1丁目の一部が編入される[14]

世帯数と人口[編集]

2019年(平成31年)2月1日現在の世帯数と人口は以下の通りである[3]

町丁 世帯数 人口
太閤通 1,496世帯 2,300人

人口の変遷[編集]

国勢調査による人口の推移

1950年(昭和25年) 4,156人 [15]
1955年(昭和30年) 4,300人 [15]
1960年(昭和35年) 4,409人 [16]
1965年(昭和40年) 4,142人 [16]
1970年(昭和45年) 3,278人 [17]
1975年(昭和50年) 2,797人 [17]
1980年(昭和55年) 2,262人 [18]
1985年(昭和60年) 2,022人 [18]
1990年(平成2年) 1,802人 [19]
1995年(平成7年) 1,616人 [20]
2000年(平成12年) 1,644人 [21]
2005年(平成17年) 2,124人 [22]
2010年(平成22年) 2,417人 [23]
2015年(平成27年) 2,269人 [24]

学区[編集]

市立小・中学校に通う場合、学校等は以下の通りとなる[25]。また、公立高等学校に通う場合の学区は以下の通りとなる[26]。なお、小・中学校は学校選択制度を導入しておらず、番毎で各学校に指定されている。

丁目 小学校 中学校 高等学校
太閤通3丁目 名古屋市立牧野小学校 名古屋市立黄金中学校 尾張学区
太閤通4丁目
太閤通5丁目 名古屋市立日吉小学校 名古屋市立豊国中学校
太閤通6丁目 名古屋市立中村小学校
名古屋市立日吉小学校
名古屋市立豊正中学校
名古屋市立豊国中学校

交通[編集]

施設[編集]

大鳥居(2017年5月)

その他[編集]

日本郵便[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f 名古屋市計画局 1992, p. 775.
  2. ^ a b 愛知県名古屋市中村区の町丁・字一覧” (日本語). 人口統計ラボ. 2016年2月12日閲覧。
  3. ^ a b 町・丁目(大字)別、年齢(10歳階級)別公簿人口(全市・区別)” (日本語). 名古屋市 (2019年2月20日). 2019年2月20日閲覧。
  4. ^ a b 郵便番号”. 日本郵便. 2019年2月10日閲覧。
  5. ^ 市外局番の一覧”. 総務省. 2019年1月6日閲覧。
  6. ^ 名古屋市役所市民経済局地域振興部住民課町名表示係 (2015年10月21日). “中村区の町名一覧” (日本語). 名古屋市. 2016年1月29日閲覧。
  7. ^ a b c d e f g h i j k l 「角川日本地名大辞典」編纂委員会 1989, p. 1499.
  8. ^ a b 名古屋市計画局 1992, p. 263.
  9. ^ a b c d e f g h i 中村区制施行50周年記念事業実行委員会記念誌編集委員会 1987, p. 434.
  10. ^ a b 中村区制施行50周年記念事業実行委員会記念誌編集委員会 1987, p. 436.
  11. ^ a b 中村区制施行50周年記念事業実行委員会記念誌編集委員会 1987, p. 438.
  12. ^ 中村区制施行50周年記念事業実行委員会記念誌編集委員会 1987, p. 440.
  13. ^ a b 中村区制施行50周年記念事業実行委員会記念誌編集委員会 1987, p. 443.
  14. ^ a b c d 中村区制施行50周年記念事業実行委員会記念誌編集委員会 1987, p. 444.
  15. ^ a b 名古屋市総務局企画室統計課 1957, p. 78・79.
  16. ^ a b 名古屋市総務局企画部統計課 1967, p. 72・73.
  17. ^ a b 名古屋市総務局統計課 1977, p. 47・48.
  18. ^ a b 名古屋市総務局統計課 1986, p. 46・50・51.
  19. ^ 名古屋市総務局企画部統計課 1991, p. 28.
  20. ^ 名古屋市総務局企画部統計課 1996, p. 71.
  21. ^ 名古屋市役所総務局企画部統計課統計係 (2005年7月1日). “(刊行物)名古屋の町(大字)・丁目別人口 (平成12年国勢調査) (5)中村区(第1表から第3表) (xls)” (日本語). 2015年10月16日閲覧。
  22. ^ 名古屋市役所総務局企画部統計課統計係 (2007年6月27日). “(刊行物)名古屋の町(大字)・丁目別人口 (平成17年国勢調査) (5)中村区(第1表から第3表) (xls)” (日本語). 2015年10月15日閲覧。
  23. ^ 名古屋市役所総務局企画部統計課統計係 (2012年4月22日). “(刊行物)名古屋の町(大字)・丁目別人口 (平成22年国勢調査) (5)中村区(第1表から第3表) (xls)” (日本語). 2015年10月15日閲覧。
  24. ^ 名古屋市役所総務局企画部統計課統計係 (2016年3月31日). “(刊行物)名古屋の町(大字)・丁目別人口 (平成27年国勢調査) (5)中村区(第1表から第3表) (xls)” (日本語). 2016年7月28日閲覧。
  25. ^ 市立小・中学校の通学区域一覧”. 名古屋市 (2018年11月10日). 2019年1月14日閲覧。
  26. ^ 平成29年度以降の愛知県公立高等学校(全日制課程)入学者選抜における通学区域並びに群及びグループ分け案について”. 愛知県教育委員会 (2015年2月16日). 2019年1月14日閲覧。
  27. ^ スーパーマップル・東海道路地図』(昭文社編)61ページ参照
  28. ^ 郵便番号簿 平成29年度版 - 日本郵便. 2019年02月26日閲覧 (PDF)

参考文献[編集]

  • 『昭和31年版 名古屋市統計年鑑』 名古屋市総務局企画室統計課、名古屋市、1957年(日本語)。
  • 『昭和41年版 名古屋市統計年鑑』 名古屋市総務局企画部統計課、名古屋市、1967年(日本語)。
  • 『昭和51年版 名古屋市統計年鑑』 名古屋市総務局統計課、名古屋市、1977年(日本語)。
  • 『昭和60年国勢調査 名古屋の町・丁目別人口(昭和60年10月1日現在)』 名古屋市総務局統計課、名古屋市役所、1986年(日本語)。
  • 『中村区誌―中村区制施行50周年記念―』 中村区制施行50周年記念事業実行委員会記念誌編集委員会、中村区制施行50周年記念事業実行委員会、1987年10月1日(日本語)。
  • 角川日本地名大辞典 23 愛知県』 「角川日本地名大辞典」編纂委員会、角川書店、1989年3月8日(日本語)。ISBN 4-04-001230-5。
  • 名古屋市計画局 『なごやの町名』 名古屋市計画局、1992年3月31日(日本語)。
  • 『平成2年国勢調査 名古屋の町(大字)別・年齢別人口(平成2年10月1日現在)』 名古屋市総務局企画部統計課、名古屋市役所、1994年(日本語)。
  • 『平成7年国勢調査 名古屋の町(大字)・丁目別人口(平成7年10月1日現在)』 名古屋市総務局企画部統計課、名古屋市役所、1996年(日本語)。

関連項目[編集]