太陽がくれた季節

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
太陽がくれた季節
青い三角定規シングル
初出アルバム『太陽がくれた季節/素足の世代』
B面 青春の旅
リリース
ジャンル フォーク
レーベル 日本コロムビア
作詞・作曲 山川啓介いずみたく
ゴールドディスク
チャート最高順位
  • 1位(オリコン
  • 1972年度年間10位(オリコン)
  • 青い三角定規 シングル 年表
    翼を忘れた天使たち
    (1971年)
    太陽がくれた季節
    (1972年)
    素足の世代
    (1972年)
    テンプレートを表示

    太陽がくれた季節」(たいようがくれたきせつ)は、1972年に発売された青い三角定規シングルである。作詞は山川啓介、作曲はいずみたくによる。1972年版の編曲は松岡直也による。

    概要[編集]

    1972年2月に日本コロムビアからシングル盤が発売された。日本テレビ系列で放送された青春ドラマ『飛び出せ!青春』の主題歌として採用され、売り上げが80万枚[1]、または100万枚を超えるヒットとなった。(オリコンの集計では50万枚)

    この曲を歌った青い三角定規は、この曲で1972年度の『第14回日本レコード大賞』新人賞を受賞[2]。またNHKの『第23回NHK紅白歌合戦』に出場し、紅白初出場を果たす。ただしメインボーカルが女性の西口久美子であるにもかかわらず、紅組ではなく、白組出場となった。

    この曲は小学校、中学校の音楽教科書にも掲載されており、世代を超えてもなお小中学生達から歌われ続けている。

    尚、「くれた」が、ひらがな表記のため、「太陽が暮れた季節」と誤った解釈をされる事も多いようだが、正しくは「太陽が呉れた季節」の意味である。

    カバー[編集]

    脚注[編集]

    1. ^ 富澤一誠『フォーク名曲事典300曲〜「バラが咲いた」から「悪女」まで誕生秘話〜』ヤマハミュージックメディア、2007年、153頁。ISBN 978-4-636-82548-0
    2. ^ 同年の『レコード大賞』「最優秀新人賞」受賞曲は麻丘めぐみの『芽ばえ
    3. ^ 岸尾だいすけ鈴村健一諏訪部順一高橋広樹鳥海浩輔保村真吉野裕行の7人による声優ユニット。
    4. ^ 青山くん(声:置鮎龍太郎)、財前かおる(声:関智一)、坂井一馬(声:保志総一朗)、塚本仁(声:阪口大助)、吉岡太一(声:吉野裕行)の5人による声優ユニット。このうち保志総一朗は、2009年の『そらのおとしもの』に続いて二度目のカバー。

    関連項目[編集]