太陽にほえろ!PART2

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
太陽にほえろ! > 太陽にほえろ!PART2
太陽にほえろ!PART2
ジャンル 刑事ドラマ
脚本 小川英
古内一成
ほか
監督 手銭弘喜
鈴木一平
ほか
出演者 奈良岡朋子
神田正輝
西山浩司
又野誠治
石原良純
長谷直美
下川辰平
地井武男
寺尾聰
オープニング 太陽にほえろ!メインテーマ'86
製作
プロデューサー 岡田晋吉
服部比佐夫
梅浦洋一
新野悟
制作 東宝株式会社日本テレビ
放送
音声形式モノラル
放送国・地域日本の旗 日本
放送期間1986年11月28日 - 1987年2月20日
放送時間金曜 20:00 - 20:54
放送枠日本テレビ金曜8時連続ドラマ
放送分54分
回数12
テンプレートを表示

太陽にほえろ!PART2』(たいようにほえろパートツー)とは、1986年11月28日から1987年2月20日まで、日本テレビ系列で毎週金曜20:00 - 20:54(JST)に全12話が放送された、東宝制作の刑事ドラマ。

概要[編集]

太陽にほえろ!』の続編であり、前作の主演だった石原裕次郎の降板を受け、用意された未映像化脚本の消化のための仕切り直し企画として制作された。前作最終回後、石原演じる藤堂係長は本庁(警視庁)に栄転した設定となっており、それから1年後(1987年11月)の七曲署を描く。

後任のボスである篁係長役には、当時ホームドラマを中心に活躍し、石原とも深い交流があった奈良岡朋子が起用され、石原とは異なるボス像が展開された。

全12話という少ない話数などもあり、前作とは対照的に『テレビ探偵団』(TBS)などの回顧番組でも全く取り上げられず、長らく再放送の機会にも恵まれていなかったが、2018年4月20日から6月1日まで、CSファミリー劇場にて再放送が行われた[1]。映像ソフトについては当初、VHS・LD・DVDでリリースされた「七曲署ヒストリー」に全話の予告編と、第1話・最終話のオープニングが収録された程度で、かつてバップが展開していた『4800シリーズ(VHS)』の収録対象に含まれておらず、2015年6月24日にリリースされた『太陽にほえろ! 1986+PART2 DVD-BOX[2]』で初めて全話の映像ソフト化が実現した。

七曲署捜査一係[編集]

人物名、()に読みとニックネーム、出演者の順に表記。篁・喜多以外については太陽にほえろ!#登場人物も参照。新規レギュラーである奈良岡、寺尾とも、前作にも別役でゲスト出演した経験を持つ。

篁 朝子(たかむら あさこ/係長)
演 - 奈良岡朋子
警視庁に栄転した藤堂の後任として七曲署に赴任する。階級は警部。部下を愛称では呼ばず、「○○(苗字)さん」と呼んでいる[3]
夫と息子がいたが、家庭よりも仕事を優先したことが原因で離婚・別居している。その息子とはのちにある事件の容疑者として再会を果たすこととなる。
物腰は冷徹だが内面は心優しい人物で、型破りな行動の多い部下たちに対しても深い理解と信頼を寄せている。喫煙者。
西條 昭(さいじょう あきら/ドック)
演 - 神田正輝
若手刑事のリーダー格。スポーツマンでダジャレ好きだが少々短気。自分の部屋に大量のサプリメントを所有するなど健康オタクな一面もある[4]
太宰 準(だざい じゅん/DJ)
演 - 西山浩司
俊敏な運動神経を持つが、血気盛んな性格ゆえに一係の捜査員を振り回したこともある[5]。その一方で老犬と心を通わせる優しさも持ち合わせている[6]
他のメンバーとの会話では時おり大阪弁が混じる。
澤村 誠(さわむら まこと/ブルース)
演 - 又野誠治
前作の最終回での殉職の危機を乗り越え一係に復帰。パワフルさと饒舌さは健在であるが、上司である篁を陰で「おばさん」と呼んだり、大先輩であるはずの野崎や井川へ対してもがさつな物言いが目立つ[6]など、より奔放さに磨きがかかっている。
水木 悠(みずき ゆう/マイコン)
演 - 石原良純
本作品では主演エピソードがないため、得意なコンピューターによる捜査もほとんど描かれないが、太宰の「宝探し」に付き合ったりと好奇心旺盛な面もある。[6]
岩城 令子(いわき れいこ/マミー)
演 - 長谷直美
野崎 太郎(のざき たろう/長さん)
演 - 下川辰平
警察学校教官から七曲署一係刑事に復帰。本作品ではかつての山村のように、係長のデスクのそばに控えているシーンが多い[7]
シナリオ草稿「野崎刑事復帰」では野崎が現場に復帰するエピソードが準備されたが、初回からすでに復帰している設定となった[8]
井川 利三(いがわ としぞう/トシさん)
演 - 地井武男
本作品では主役エピソードや家庭描写がなく、服装も背広の代わりに皮ジャンが多くなる。
喜多 収(きた おさむ/オサムさん)
演 - 寺尾聰
本作品より新たに一係に配属。城南大学卒業、父親は大学教授(第6話のセリフから)。飄々とした個人主義者であるが、強引な捜査を好み、上司である篁を陰で「おばさん」と呼ぶような奔放な性格ゆえに、澤村とコンビを組むことも多い。
「人生死ぬまでのヒマつぶし」が座右の銘で、その裏には「ヒマつぶしだからこそやるときは徹底的にやる」という強固な信念が存在する。サングラスを常用している。

スタッフ[編集]

放送日程[編集]

放送回 放送日 サブタイトル 脚本 監督 ゲスト
1 1986年11月28日 悪魔のような女 小川英
尾西兼一
手銭弘喜 金沢碧
三浦威、工藤明子、沖田峻一郎
大橋伸予、大倉順憲、立原柊子、中村正人
小宮じゅんこ、相原巨典、市川勉、横尾三郎、中島大介
2 12月05日 探偵物語 柏原寛司 甲斐智枝美
片桐竜次/森川正太、内田勝正
岩城徳栄/今野鶏三、大島宇三郎、山崎猛
三上剛仙、五代哲、桜井まゆみ/前原修、宇佐美彩、加藤勝浩、竹内康裕、深作覚
3 12月12日 老犬ムク 古内一成
小川英
木下亮 下塚誠/杉山とく子、三谷昇
奥村公延/立石凉子、代志住正、大石源吾
山口一洋/野仲功、丸岡奨詞、田島基吉
ムク:柚木の力丸、訓練士:山本一/吉村敏、三上剛仙、小寺大介、五十嵐孝美、池谷健一
4 12月19日 俺は殺された 小川英
井川公彦
佐藤仁哉
江角英明/安原義人、根岸一正
鶴田忍、秋野暢介/秋間登、滝川昌良、吉中六、山田健太郎
有馬光貴、佐藤和雅、阿南聡/小川乃り子、新井一典、荒井大介、木場剛、青柳文太郎
5 12月26日 長さんの長い午後 古内一成
小川英
高瀬昌弘 村田雄浩、小鹿番
吉田次昭、北村総一朗、早瀬波江:成田光子
森田昌、戸谷友、成田美佐子、片桐千里、松岡知重
永谷悟一、岸野一彦、森一恵、藤原益二、村上久勝
6 1987年01月09日 心満たされず… 小川英
尾西兼一
相本久美子
清水章吾
有安多佳子、池田真理香、広瀬昌助、久遠利三
奥山貴彦、大久保敏子、前原修、加藤茂雄、藤岡洋右
7 1月16日 逃げる 小川英
蔵元三四郎
鈴木一平 神山繁、松橋登
内藤安彦、水谷貞雄/中田譲治、剣持伴紀、高品剛、佐藤晟也
及川ヒロオ、船場牡丹/田村貫、中野昌樹、菅原亜希代、山下一廣、白土誠
カースタント:マエダ・オートクラブ、竹内雅敏、海藤幸広/浦野真彦、小川真喜子、岡部浩之、大貫幸夫、鈴木実
8 1月23日 ビッグ・ショット 大川俊道
小川英
宮田恭男、西田絵里
市川好郎/友金敏雄、江藤漢、渕上大二郎
酒井昭/ウィリードーシー、まる秀也、佐藤功、神谷潤
カースタント:マエダ・オートクラブ、竹内雅敏、海藤幸広/石川真一、依田ますみ、横内直人、中瀬博文、菊川予市
9 1月30日 見知らぬ侵入者 金子裕 手銭弘喜 島村佳江
有川博、風間みつき
斉藤雅史、小島三児、稲吉靖司
池田鴻、松尾文人、浦島ゆら子、山崎猛、小寺大介
10 2月06日 DJ刑事・ステバチ作戦 小川英
柊真琴
荻島真一
安藤一夫、水沢有美
森下哲夫、堀田真三、一瀬浩道
槇ひろ子、中島元、市川勉、町田幸夫
11 2月13日 神戸・愛の暴走 峯尾基三 鈴木一平 阿藤海、澤村泉:渡瀬ゆき
仲村知也、千葉登四男、田畑猛雄
秋間登、瀬下和久/原和航、梅村美保、野田浩子、織田聖子
堀川恵理、藤野亨、菊地聡、宮寺康生、小松祥子
12 2月20日 さらば!七曲署 小川英
古内一成
青木:米倉斉加年
青木清文:井上純一
坂口常幸:睦五朗
織田:中田博久、竹内:石森武雄、青木美沙子:水原英子
山河連滉、五代哲/今井登、石川重己、星野晃、藤原益二、秋元政志

関連項目[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 毎週金曜20:00 - 22:00、2話連続。同時間帯での放送終了後にも、6月10日 - 24日の3週に渡って一挙放送が行われた。
  2. ^ 前作の1986年放送分と、本作品の全話数を併せて収録。
  3. ^ 太宰のみ「太宰くん」と呼ぶ。また一度だけ本人の前ではないが喜多を「喜多くん」と呼んだことがある。
  4. ^ 第7話より。
  5. ^ 第10話より。
  6. ^ a b c 第3話より。
  7. ^ 第5話では篁の指示で人質として現場に出向いた。
  8. ^ 七曲署捜査一係'97と'99では警察官を定年退職後、保護司として七曲署に出向いている。
  9. ^ a b ノンクレジット。
日本テレビ系列 金曜20:00 - 20:54
前番組 番組名 次番組
太陽にほえろ!
(1972年7月21日 - 1986年11月14日)
太陽にほえろ! PART2
(1986年11月28日 - 1987年2月20日)
ジャングル
(1987年2月27日 - 12月25日)