太陽の下

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
太陽の下
レミオロメンシングル
初出アルバム『HORIZON
B面 チャイム
蜃気楼 ('06.1.28 live ver. at 三郷市文化会館)
電話 ('06.1.28 live ver. at 三郷市文化会館)(初回盤のみ)
リリース
ジャンル J-POP
時間
レーベル SPEEDSTAR RECORDS
作詞・作曲 藤巻亮太
プロデュース 小林武史 & レミオロメン
ゴールドディスク
チャート最高順位
  • 週間2位(オリコン
  • 2006年度年間54位(オリコン)
  • 登場回数15回(オリコン)
レミオロメン シングル 年表
粉雪
2005年
太陽の下
2006年
茜空
2007年
ミュージックビデオ
「太陽の下」 - YouTube
テンプレートを表示

太陽の下」(たいようのした)は、日本のロックバンド、レミオロメンの8thシングル2006年3月1日に、スピードスターレコーズより発売。

概要[編集]

  • 映画「子ぎつねヘレン」の主題歌。
  • オリコンシングルチャートではEXILEの「YES!」に阻まれ約900枚の僅差で週間チャート初登場は2位となった。ロングヒット中だった前作「粉雪」も10位にランクインし、TOP10に2曲ランクインを達成している。
  • 初回盤特典は、「電話(live音源)収録、デジパック仕様、CD-EXTRA仕様(「太陽の下」の ビデオクリップを収録)。
  • プロモーションビデオはCD-EXTRA版(CDに収録)と映画版(子ぎつねヘレンの映像が混じっている)の2種類が存在する。映画版プロモーションビデオには小林涼子が出演している。

収録曲[編集]

  1. 太陽の下
    作詞・作曲:藤巻亮太、編曲:レミオロメン & 小林武史、ストリングス・アレンジ:小林武史 & 四家卯大
    この曲はニューヨークで録音されたが、ピアノを弾いた際クリック音が入ってしまい、もう一度東京で取り直しをしているが、メンバーの意向によりクリック音が入った前者のバージョンで収録されている。
    アメリカ同時多発テロの現場となったワールドトレーディングセンター跡地で感じ取った思いを書いた曲。
  2. チャイム
    作詞・作曲:藤巻亮太、編曲:レミオロメン & 小林武史、ストリングス・アレンジ:小林武史
  3. 蜃気楼 ('06.1.28 live ver. at 三郷市文化会館)(Live音源)
    作詞・作曲:藤巻亮太、編曲:レミオロメン & 小林武史
    2012年(活動休止時)の時点でこの曲のスタジオ音源は存在していない。2004年辺りからライブで演奏されていた曲である。
  4. 電話 ('06.1.28 live ver. at 三郷市文化会館)(Live音源)(初回盤のみ収録)
    作詞・作曲:藤巻亮太、編曲:レミオロメン & 小林武史
    レミオロメンはライブバンドであることをもう一度位置づけるために、ライブ音源として収録された。

収録アルバム[編集]