太陽の蓋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
太陽の蓋
監督 佐藤太
脚本 長谷川隆
製作 橘民義
出演者 北村有起哉
袴田吉彦
中村ゆり
郭智博
大西信満
神尾佑
青山草太
菅原大吉
三田村邦彦
音楽 ミッキー吉野
撮影 小宮由紀夫
編集 小林由加子
製作会社 「太陽の蓋」プロジェクト(制作プロダクション:アイコニック)
配給 太秦
Palabra(再編集版)
公開 2016年7月16日
2021年2月27日(再編集版)
上映時間 130分
90分(再編集版)
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

太陽の蓋』(たいようのふた)は、2016年日本映画

2011年3月11日東日本大震災に伴う福島第一原子力発電所事故の発生からの5日間に焦点を当て、情報不足と混乱の中で対応に当たる首相官邸内の様子を真相に迫る1人の新聞記者の視点を軸に再現。当時の菅直人内閣政治家は全て実名で登場しているが、電力会社の名前は「東日電力」に変えられている[1]

東日本大震災から10年後となる2021年には90分に再編集されたバージョンで再公開された。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

  • 監督:佐藤太
  • 脚本:長谷川隆
  • 製作:橘民義
  • プロデューサー:大塚馨
  • アソシエイトプロデューサー:大野拓夫
  • ラインプロデューサー:加藤賢治
  • 撮影:小宮由紀夫
  • 照明:林大樹
  • 録音:良井真一
  • 整音:小宮元
  • 美術:及川一
  • VFXプロデューサー:平興史
  • 装飾:太田哲
  • 衣装:高橋英治
  • ヘアメイク:金森恵
  • 編集:小林由加子
  • 音楽:ミッキー吉野
  • スクリプター:黒河内美佳
  • 助監督:廣田啓
  • 制作担当:高見明夫
  • 制作プロダクション:アイコニック
  • 配給:太秦

脚注[編集]

  1. ^ 『Fukushima 50』と『太陽の蓋』を続けて鑑賞することで見えてくるものとは?”. Cinemas PLUS (2020年4月25日). 2020年10月10日閲覧。

関連項目[編集]

いずれも福島第一原発事故をテーマにしている。