太陽は友だち がんばれ!ソラえもん号

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

太陽は友だち がんばれ!ソラえもん号』(たいようはともだち がんばれ ソラえもんごう)は、『ドラえもん』を原作とした1993年3月6日に公開された日本映画

概要[編集]

ドラえもん のび太とブリキの迷宮』の同時上映作品として製作された作品。アニメではなく実写によるドキュメンタリー映画であり、実際に製作されたソーラーカーソラえもん号」の機能・特徴の紹介や、ソーラーカーラリーの模様を主としている。

監督は高橋純。

配給収入、観客動員数、配給は『のび太とブリキの迷宮』を参照。

ソラえもん号[編集]

本作で登場するソラえもん号とは、タミヤから市販されていた「ソラえもん号工作セット」をモチーフに、小学館の依頼のもと、大阪の有限会社・柴紋で実車として製作されたソーラーカーである[1]。外観は工作セットの完成品とほぼ同じで、タケコプターを付けたドラえもんが腹ばいになって両拳を前に突き出し、背中にマントを羽織ったような姿をしている。マント部分に太陽電池、両手足にタイヤが組み込まれており、あたかもスーパーマンが空を飛ぶような姿勢で地上を走る仕組みになっている。 現在は、世界最高峰のFIA公認ソーラーカーレースドリームカップソーラーカーレース鈴鹿の常勝チームである大阪産業大学で保管、維持管理を行っており、各地小学校・各種公共施設への出前環境教育や展示でその活躍の場を広げている。

  • 作中で紹介されたソラえもん号の主な機能
    • 目の形を変えて、表情を作ることができる。
    • 首輪の鈴がスピーカーになっており、大山のぶ代による音声を再生することができる(現在は音声再生機能は故障により撤去)。
    • 尻尾が後部確認用のカメラになっている(コクピット内のモニターで確認できる)。
    • タイヤの空気入れもドラえもん型。

日本国内外の多くのソーラーカーレースにも出場しており、作品中では1992年の朝日ソーラーカーラリーに出場している模様が紹介されている。

なお、ソーラーカーレースへの出場後、ソラえもん号は小学館に代わりタミヤが保存していたが、2008年5月にレストアされ[2]以降、大阪産業大学預かりとなっている[3]

2012年3月にはタミヤより「ドラえもんソーラーカー 「ソラえもん号」工作セット」のリニューアル版が発売[4]。本体は同じだが、ソーラーパネルが三角形から四角形になり発電電流が従来よりも30%アップしている。

声の出演[編集]

受賞歴[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Solar Car Race SUZUKA '92
  2. ^ "Doraemon-Solar Car" is Restored.「ドラえもん ソーラーカー」レストアへ
  3. ^ ソラえもん号 故郷に帰る大阪産業大学ソーラーカープロジェクト 2008年8月22日
  4. ^ ソーラー工作シリーズ No.8 ドラえもんソーラーカー 「ソラえもん号」工作セット

参考資料[編集]