太陽曰く燃えよカオス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
這いよれ! ニャル子さん > ディスコグラフィ > 太陽曰く燃えよカオス
太陽曰く燃えよカオス
後ろから這いより隊G
ニャル子(CV:阿澄佳奈)クー子 (CV:松来未祐) 珠緒(CV:大坪由佳
シングル
初出アルバム『邪神曲たち
B面 黒鋼のストライバー
リリース
規格 マキシシングル
ジャンル J-POPアニメソングキャラクターソング
時間
レーベル DIVE II entertainment
作詞・作曲 畑亜貴(作詞)
田中秀和(作曲)
プロデュース 村上貴志
ゴールドディスク
チャート最高順位
  • 週間7位オリコン[2]
  • 登場回数9回(オリコン)[2]
  • 後ろから這いより隊G
    ニャル子(CV:阿澄佳奈)クー子 (CV:松来未祐) 珠緒(CV:大坪由佳 シングル 年表
    太陽曰く燃えよカオス
    (2012年)
    恋は渾沌の隷也
    (2013年)
    邪神曲たち 収録曲
    太陽曰く燃えよカオス
    (1)
    黒鋼のストライバー
    (2)
    テンプレートを表示

    太陽曰く燃えよカオス」(たいよういわくもえよカオス)は、後ろから這いより隊Gの楽曲。同ユニット1枚目のシングルとして2012年5月23日DIVE II entertainmentから発売された。

    4D-Pianoでもカバーされた。

    音楽性[編集]

    表題曲「太陽曰く燃えよカオス」は、ニャル子(阿澄佳奈)、クー子(松来未祐)、暮井珠緒(大坪由佳)の3人からなるユニット、後ろから這いより隊Gによって、カップリング曲「黒鋼のストライバー」は、八坂真尋(喜多村英梨)と余市健彦(羽多野渉)からなるユニット、後ろから這いより隊Bによって歌われている。「太陽曰く燃えよカオス」は、テレビアニメ這いよれ! ニャル子さん』のオープニングテーマとして、「黒鋼のストライバー」は、同作品の劇中劇黒鋼のストライバーの主題歌として使用されている。

    曲は、ドイツのグループ・Genghis Khan(ジンギスカン)の楽曲である「Dschinghis Khan(ジンギスカン)」をイメージして作られている[3]。阿澄曰く「邪神感を味わえるカオスな感じの楽曲」で[4]、中毒性があるという[5]。また、松来によれば歌詞はクトゥルー神話的な内容になっているとのこと[5]

    hotexpressの平賀哲雄は、「展開は激しいのだが、その声が脱力系なもんだから、ふわふわした心地のままはしゃげる新型パーティーチューンだ。」と評した[6]

    manzoは、「僕みたいなJijyからすると今回の「這いよれ!〜」は、広告理念の則った反復性、30年来のディスコサウンド、と、非常にオーセンティックで、伝統芸能の組み合わせの妙と見えて、嬉しくなってしまいました。僕が小さい頃から親しんできたそれらが、現代でもかようにメタモルフォーゼして今の若い人達に愛されているというのも、業界の片隅でやっている僕にも、ひとかどの勇気となるのです。」と評した[7]

    「うー!にゃー!」のフレーズは楽曲を聞いたことがなくてもこのフレーズのみならば聞いた事があるという反響ぶりで[8]、「うー!にゃー!」をAA化した(」・ω・)」うー!(/・ω・)/にゃー!がネット上にて大流行し[9]、2012年度ネット流行語大賞銀賞(2位)を受賞した。

    シングルリリース[編集]

    CD+DVD、CDの2種リリースで、前者には2種類のオープニングのプロモーション映像及びノンテロップオープニング、キャラクター紹介映像等が収録されたDVDが同梱されている。ジャケットではニャル子、クー子、暮井珠緒がジャンプしている様子がキャラクターデザイナー滝山真哲により描かれている。

    2012年6月4日付オリコン週間シングルチャートで7位を獲得。初動売上は2.5万枚を記録した[8]

    収録内容[編集]

    CDシングル[1]
    #タイトル作詞作曲編曲時間
    1.「太陽曰く燃えよカオス」畑亜貴田中秀和 (MONACA)田中秀和
    2.「黒鋼のストライバー」藤林聖子岡部啓一 (MONACA)永谷喬夫・岡部啓一
    3.「太陽曰く燃えよカオス」(Instrumental)   
    4.「黒鋼のストライバー」(Instrumental)   
    合計時間:
    DVD(DVD付限定盤のみ)
    #タイトル作詞作曲・編曲
    1.「ノンテロップオープニング映像」  
    2.「プロモーション映像」(OP ver TYPE A)  
    3.「プロモーション映像」(OP ver TYPE B)  
    4.「キャラクター紹介映像」  
    5.「太陽曰く燃えよカオス CM映像」(15sec ver.)  
    6.「太陽曰く燃えよカオス CM映像」(30sec ver.)  

    参加ミュージシャン[編集]

    チャート[編集]

    チャート(2013年) 最高位
    オリコン[2] 7
    オリコン月間[10] 19
    Billboard JAPAN HOT 100[11] 10
    Billboard JAPAN Hot Singles Sales[12] 7
    Billboard JAPAN Hot Animation[13] 1
    サウンドスキャン[14] 10

    受賞[編集]

    2012年10月、第17回アニメーション神戸賞主題歌賞(ラジオ関西賞)を受賞。選評の中でラジオ関西『青春ラジメニア』パーソナリティの岩崎和夫は、「アニソンの良さの一つに、口ずさめ、唄ってアニメを思い出し、その時代を思い出すというのがある。この「どれだけ頭に残るか」という点が大事になってきているように感じる。ラジメニアで曲を流すと、その日家に帰って思わず唄ってしまう曲で、うー、にゃー、と何度口にしたことか。メロディーもさることながら、畑亜貴さんの詩が受賞の原動力といっても間違いない、脳内魅惑曲」と評している[15]

    2019年3月1日には、ソニー・ミュージックエンタテインメントのアニメソング人気投票キャンペーン「平成アニソン大賞」において作詞賞(2010年 - 2019年)に選出された[16]

    カバー[編集]

    脚注[編集]

    [ヘルプ]

    注釈[編集]

    1. ^ 同作には珠緒役の大坪が岩崎志保役で出演したが、本曲を歌うシーンはなかった。

    出典[編集]

    1. ^ a b 太陽曰く燃えよカオス [CD+DVD]”. タワーレコード. 2013年11月16日閲覧。
    2. ^ a b c 太陽曰く燃えよカオス(DVD付)”. ORICON STYLE. オリコン. 2013年11月16日閲覧。
    3. ^ 『這いよれ!ニャル子さん ビジュアル・ファンブック』P.72
    4. ^ 声優グランプリ』2012年6月号、主婦の友社、2012年5月、 109頁、 JANコード 4910055870526。
    5. ^ a b 声優アニメディア』2012年6月号、学研パブリッシング、2012年5月、 61頁、 JANコード 4910057050629。
    6. ^ 「這いよれ!ニャル子さん」OPテーマで”. hotexpress. プランテック. 2015年12月8日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2012年5月30日22:33閲覧。
    7. ^ 【連載】manzoコラム「穴があったら…」 第4回 厨二病とジンギスカン 〜太陽曰く燃えよカオス〜” (2012年7月2日). 2012年7月9日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2012年7月21日15:27閲覧。
    8. ^ a b 「うー!にゃー!」で大反響!「ニャル子さん」主題歌シングルでオリコンランキングに這い寄る!”. リッスンジャパン (2012年5月29日). 2013年7月14日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2011年5月30日22:33閲覧。
    9. ^ 「(」・ω・)」うー!(/・ω・)/にゃー!」はこうして生まれた 人気AAの謎が判明”. ITmedia (2012年4月20日). 2012年9月8日閲覧。
    10. ^ you大樹”. オリコン (2013年11月7日). 2013年11月16日閲覧。
    11. ^ Billboard JAPAN HOT 100 2012/06/04 付け”. Billboard JAPAN. 阪神コンテンツリンク. 2013年11月16日閲覧。
    12. ^ Billboard JAPAN Hot Singles Sales 2012/06/04 付け”. Billboard JAPAN. 阪神コンテンツリンク. 2013年11月16日閲覧。
    13. ^ Hot Animation 2012/06/04 付け”. Billboard JAPAN. 阪神コンテンツリンク. 2013年11月16日閲覧。
    14. ^ 週間 CDソフト TOP20 シングル ランキング TOP20 2012年5月21日〜2012年5月27日 調査分”. Phile-web. 音元出版. 2013年11月16日閲覧。
    15. ^ アニメーション神戸-第17回アニメーション神戸賞 受賞者・受賞作品”. アニメーション神戸 (2012年10月12日). 2012年10月13日閲覧。
    16. ^ 平成アニソン大賞”. ソニー・ミュージックエンタテインメント. 2019年3月8日閲覧。
    17. ^ bang_dream_gbpの2018年5月29日のツイート2018年5月30日閲覧。