夫婦交換騒動

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
夫婦交換騒動
Getting Acquainted
Getting acquainted.jpg
監督 チャールズ・チャップリン
脚本 チャールズ・チャップリン
製作 マック・セネット
出演者 チャールズ・チャップリン
フィリス・アレン
マック・スウェイン
メーベル・ノーマンド
ハリー・マッコイ
エドガー・ケネディ
セシル・アーノルド
撮影 フランク・D・ウィリアムズ
配給 キーストン・フィルム・カンパニー
公開 1914年12月5日
上映時間 16分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 サイレント映画
英語字幕
テンプレートを表示

夫婦交換騒動[1](Getting Acquainted) は、1914年公開の短編サイレント映画キーストン社による製作で、主演・監督はチャールズ・チャップリン。1971年に映画研究家ウノ・アスプランドが制定したチャップリンのフィルモグラフィーの整理システムに基づけば、チャップリンの映画出演34作目にあたる[1][注釈 1]

日本語表記はほかに、『メーベルとチャップリン』がある[2]

あらすじ[編集]

チャーリーと妻(フィリス・アレン)は公園を歩いていたとき、アンブローズ(マック・スウェイン)とその妻(メーベル・ノーマンド)と出会い、すれ違う。その時、チャーリーとアンブローズはたがいの妻が好きになり、追い回し始める。そこに警官と通りすがりのトルコ人が加わって一騒動となった[3][4]

概要[編集]

チャップリン、メーベル、スウェインとフィリス・アレンという主要メンバーの顔ぶれは『他人の外套』と同じであるが、この作品では夫婦の組み合わせが『他人の外套』とは違ってチャップリンとフィリス、メーベルとスウェインという組み合わせになっている。「醜女」[5]で「口やかましい」[6]キャラクターであるフィリスとは、『給料日』(1922年)でも夫婦を演じている[7]

キャスト[編集]

  • チャールズ・チャップリン:夫
  • フィリス・アレン:チャーリーの妻
  • マック・スウェイン:アンブローズ
  • メーベル・ノーマンド:アンブローズの妻
  • ハリー・マッコイ英語版:警官
  • エドガー・ケネディ英語版:通りすがりのトルコ人
  • セシル・アーノルド英語版:娘

etc

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 1914年製作、2010年発見の『泥棒を捕まえる人』を除く

出典[編集]

参考文献[編集]

  • チャールズ・チャップリン『チャップリン自伝』中野好夫(訳)、新潮社、1966年。ISBN 4-10-505001-X。
  • デイヴィッド・ロビンソン『チャップリン』上、宮本高晴、高田恵子(訳)、文藝春秋、1993年。ISBN 4-16-347430-7。
  • デイヴィッド・ロビンソン『チャップリン』下、宮本高晴、高田恵子(訳)、文藝春秋、1993年。ISBN 4-16-347440-4。
  • 大野裕之『チャップリン再入門』日本放送出版協会、2005年。ISBN 4-14-088141-0。
  • 大野裕之『チャップリン・未公開NGフィルムの全貌』日本放送出版協会、2007年。ISBN 978-4-14-081183-2。