奄美大島北部方言

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
奄美大島北部方言
北奄美大島語
話される国 日本
地域 奄美大島鹿児島県奄美諸島
話者数 10,000 (2004年)[1] 
言語系統
言語コード
ISO 639-1 なし
ISO 639-3 ryn
Glottolog nort2935[2]
テンプレートを表示

奄美大島北部方言(あまみおおしまほくぶほうげん)または北奄美大島方言(きたあまみおおしまほうげん)は鹿児島県奄美諸島奄美大島北部(奄美市龍郷町大和村宇検村[3])で話される琉球語方言である。奄美方言(奄美語)の下位に属す。エスノローグでは北奄美大島語(きたあまみおおしまご、Northern Amami-Oshima language)としている。

脚注[編集]

  1. ^ Nothern Amami at Ethnologue (18th ed., 2015)[リンク切れ]
  2. ^ Hammarström, Harald; Forkel, Robert; Haspelmath, Martin et al., eds (2016). “Northern Amami-Oshima”. Glottolog 2.7. Jena: Max Planck Institute for the Science of Human History. http://glottolog.org/resource/languoid/id/nort2935 
  3. ^ 中本正智(1976)『琉球方言音韻の研究』法政大学出版局 353頁。