奄美大島方言

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
奄美大島方言
奄美大島語
島口/シマユムタ
話される国 日本
地域 奄美大島
話者数  
言語系統
言語コード
ISO 639-1 なし
ISO 639-3 各種:
ryn — 奄美大島南部方言
ams — 奄美大島北部方言
Northern Amami Oshima linguistic sameness.svg
南部の淡黄色部分が奄美大島南部方言の分布。緑、赤、および北部の淡黄色部分が奄美大島北部方言の分布。
テンプレートを表示

奄美大島方言(あまみおおしまほうげん)は鹿児島県奄美大島で話される琉球語方言である。南部と北部に大別される。 奄美大島北部方言奄美市龍郷町大和村宇検村[1] で話される。奄美大島南部方言瀬戸内町加計呂麻島請島与路島を含む)[1]で話される。現地では「シマユムタ」と呼ばれる。

脚注[編集]

  1. ^ a b 中本正智(1976)『琉球方言音韻の研究』法政大学出版局 353頁。