奇譚クラブ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

奇譚クラブ』(きたんくらぶ)は、1947年(昭和22年)より1983年(昭和58年)まで出版されたSM系の雑誌1954年(昭和29年)3月1955年(昭和30年)5月に一時発行禁止処分を受けた。カストリ雑誌の不定期刊行時代を経て月刊誌として出版され、出版社は、曙書房、天星社、暁出版(大阪)、きたん社と変わっている。

SM性行動を扱った文学作品としては古典の部類に入る団鬼六の『花と蛇』、沼正三の『家畜人ヤプー』はこの雑誌に発表されたもの。1947年12月号には男娼、男妾の記事があり、創刊年の頃から男色や男性同性愛についても取り上げていた。

1997年(平成9年)11月(出版50周年)に 平成版 奇譚クラブ がユニ報創より出版され、不定期ながらも翌年7月(新装3号)までの出版が確認されている。新創刊ではなく新装刊としており復刊を意識した巻頭挨拶文が掲載されている。内容はSMも扱う風俗誌と言うもので、昭和40年代の奇譚クラブに掲載されていた記事やモノクロ写真を幾つか再掲載している。

備考[編集]

「奇譚クラブ」を名乗る2006年創業の玩具製造会社が存在するが、本誌とはまったく無関係である。

関連項目[編集]

  • 龍之巣奇譚クラブ 全巻(本誌・増刊・別冊・限定版・復刊・平成版)の一覧と概要を閲覧できる
  • 風俗資料館 目録を閲覧できる

脚注[編集]

  1. ^ 森下小太郎「『家畜人ヤプー』の覆面作家東京高裁倉田卓次判事」(『諸君!1982年11月号)