奈良大学附属高等学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
奈良大学附属高等学校
A high school attached to Nara University.JPG
過去の名称 南都正強中学校
奈良県正強中学校
奈良県正強高等学校
正強高等学校
国公私立の別 私立学校
設置者 学校法人奈良大学
校訓 「努力が天才なり」
設立年月日 1925年大正14年)
共学・別学 男女共学
課程 全日制課程
単位制・学年制 学年制
設置学科 普通科
学科内専門コース 普通科特進コース
普通科文理コース
普通科標準コース
学期 3学期制
高校コード 29505B
所在地 631-8555
奈良県奈良市秋篠町50番地
外部リンク 公式サイト
Portal.svg ウィキポータル 教育
Project.svg ウィキプロジェクト 学校
テンプレートを表示

奈良大学附属高等学校(ならだいがくふぞくこうとうがっこう)は、奈良県奈良市にある、学校法人奈良大学運営する男女共学私立高等学校奈良大学附属学校である。

概要[編集]

学校法人奈良大学の歴史は大正14年(1925年)、薮内敬治郎が向学の精神に燃える青年のために創立された南都正強中学(夜間制)に遡る。「正強」の二字は、創立者である薮内敬治郎が徳富蘇峰の信奉者であり、蘇峰が学園に贈ったものとされている。「正しく強く生きる」こと、「努力することが大切である」ことが建学の精神であり、この原点と精神を継承し平成27年(2015年)に創立90周年を迎える。同校は公立高等学校受験生の主要な併願校の1つである。また、一定基準をクリアすると奈良大学へ入学できる制度がある。 設備が整っており、食堂は1階と2階にある。また、ほとんどの教室がドアを挟むように黒板が設置されている。

沿革[編集]

授業・学科[編集]

奈良大学附属高校の授業時間は50分/1時限で、特進コースは1年生は6限2年生から7限と8限講習、文理・標準コースは6限である。また、朝礼開始時刻が8:35と他校と比べ多少遅めに設定されている。これは学校自体の地理的問題、通学時間、手段等の問題が主な原因とみられる。

特進コース[編集]

  • 特進・プログレスコース

理系・文系のクラスに分かれ、主に国公立・難関私大を目指すコースである。

文理コース[編集]

  • 文理・アカデミックコース

理系・文系のクラスに分かれ、主に四年制大学進学を目指すコースである。

標準コース[編集]

  • 標準・スタンダードコース

大学、短期大学、専門学校への進学あるいは就職に対応したコースである。

講習について[編集]

講習とは、授業終了後に行う90分間の実質的な授業である。出席は英数コース一年生と国立大学コースの生徒は必須、それ以外は任意である。また、3年次には外部講師を招いた外部講習なるものも存在する。

学校関係者[編集]

歴代校長[編集]

  • 初代:藪内敬治郎(1925.6〜1946.11)
  • 2代:不染哲爾(1946.11〜1952.5)
  • 3代:藪内敬治郎(1952.5〜1973.11)
  • 4代:南恒雄(1973.11〜1974.4)
  • 5代:絹谷正婦美(1974.4〜1975.9)
  • 6代:西田末一(1975.9〜1981.4)
  • 7代:本田善光(1981.4〜1984.8)
  • 8代:藤岡昌博(1984.8〜1995.4)
  • 9代:堀井清一(1995.4〜1998.4)
  • 10代:西岡一志(1998.4〜2001.4)
  • 11代:武田博利(2001.4〜2011.4)
  • 12代:酒井重治(2011.4〜2015.4)
  • 13代:辻寛司(2015.4〜現在)

出身者[編集]

スポーツ[編集]

野球[編集]

サッカー[編集]

格闘技[編集]

その他[編集]

文化[編集]

公職[編集]

  • 猪奥美里:奈良県議会議員
  • 太田俊昭:岡崎市議会議員
  • 堀川力:大和郡山市議会議員
  • 西山光博:宇治市議会議員、宇治商工会副会頭
  • 大橋基之:天理市議会議員、天理市体育協会参事
  • 久保田正一:元奈良県教育委員会教育長、同窓会顧問
  • 大谷和久:木津川市教育委員会理事

交通[編集]

関連項目[編集]