奈良女子大学附属小学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
奈良女子大学附属小学校
奈良女子大学附属小学校.jpg
過去の名称 奈良女子高等師範学校附属小学校
奈良女子高等師範学校国民学校
奈良女子高等師範学校附属小学校
奈良女子大学奈良高等師範学校附属小学校
奈良女子大学文学部附属小学校
国公私立の別 国立学校
設置者 国立大学法人奈良女子大学
共学・別学 男女共学
学期 2学期制
所在地 631-0024
奈良県奈良市百楽園一丁目7番28号
外部リンク 公式サイト
プロジェクト:学校/小学校テンプレート
テンプレートを表示

奈良女子大学附属小学校(ならじょしだいがくふぞくしょうがっこう, Elementary School Attached to Nara Women's University)は、奈良県奈良市百楽園一丁目にある国立小学校

奈良女子大学附属学校だが、男女共学である。

概要[編集]

歴史[編集]

前身は1911年明治44年)に開校した「奈良女子高等師範学校附属小学校」。大正デモクラシーの影響で、2代目指導主事として赴任した木下竹次らが自由で民主主義的な教育を展開した。開校当初から共学である。

2004年平成16年)に現校名となり、2011年(平成23年)に創立100周年を迎えた。

校風[編集]

校風は、子どもの自律した学び合いを基とし、「しごと・けいこ・なかよし」を学習の3本柱としている。

校歌[編集]

行事や式典で歌われるのは学習歌「伸びて行く」と「奈良の子ども」の2曲。校歌として制定された歌は存在しない。 その他にも、行事ごとに「1年生おめでとう」「運動会のうた」「音楽会のうた」「卒業生を送るうた」などがある。

  • 「伸びて行く」
山のわらび ぐんぐんのびる
春の日を 浴びて
ひとりで のびる
田んぼの麦の芽 ぐんぐんのびる
雪の中を わけて 
ひとりで のびる
  • 「ならのこども」
走れ 走れ こじかよ 野をけって
光はおどる 森の道
とべよ とべよ こじか 谷こえて
緑の丘は まだはるか
茂れ 茂れ 若杉 枝くんで
青い空には 風のうた
のびろ のびろ 若すぎ 根をはって
夢をえがいた 白い雲
みんな みんな 子ども 奈良の子だ
光の子ども 風の子だ
足並揃え 胸張って
遥かな道を 進もうよ
望みを高く 進もうよ

学級数[編集]

各学年2学級、計12学級。「月組」と「星組」という学級名となっている。また、生徒数は401名となっている。

沿革[編集]

学校行事[編集]

前期、後期の2学期制をとっている。

前期[編集]

  • 4月 - 入学式、春の遠足、小運動会
  • 6月 - プール開き
  • 7月 - 臨海合宿
  • 9月 - プール納めの会

後期[編集]

  • 10月 - 秋の遠足、大運動会
  • 11月 - 写生会、芸術鑑賞会
  • 12月 - 音楽会、歩走練習
  • 3月 - 卒業式、スキー合宿

同窓会[編集]

  • 学習歌のタイトルにちなみ、「伸びて行く会」と称している。

出身者[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 1889年~1968年 アメリカ人。新教育の推進者。

関連項目[編集]