奈良岡良二

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
奈良岡 良二 Portal:陸上競技
選手情報
ラテン文字 Ryoji NARAOKA [1][2]
国籍 日本の旗 日本
競技 陸上競技競歩
種目 50キロメートル競歩
生年月日 (1908-04-02) 1908年4月2日
生誕地 青森県南津軽郡浪岡町
没年月日 (1992-06-02) 1992年6月2日(84歳没)
編集 テンプレートのヘルプを表示する

奈良岡 良二(ならおか りょうじ、1908年4月2日 - 1992年6月2日[3])は、日本の競歩選手、保健体育学者[4]

1936年ベルリンオリンピック50キロメートル競歩に出場。競歩競技では日本初のオリンピック選手である。

経歴[編集]

青森県南津軽郡浪岡町(現青森市浪岡)出身[4][5]青森県師範学校卒業[1][注釈 1]

1936年ベルリンオリンピック50キロメートル競歩に出場した[4][6]。競歩競技では日本初のオリンピック選手である[7]。成績は5時間7分15秒(19位)[1]Athletics at the 1936 Summer Olympics – Men's 50 kilometres walk参照)[注釈 2]

1944年(昭和19年)から北京大学副教授を務めた[4]。帰国後、青森県の高等学校長を歴任。校長を務めた学校には、郷里にある浪岡高等学校も含まれる[5]大湊高等学校校長在任中の1967年[8]には「耐久遠足」を創設した[9]

1971年(昭和46年)から1988年(昭和63年)まで弘前学院大学教授に在任した[4]

著書[編集]

  • 歩行の美と力 正しく美しい歩きかたの科学(第一法規出版、1968年)

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 『現代物故者事典 1991~1993』には、日本大学法文学部法学科を卒業[4]とある。
  2. ^ なお、日本の競歩界が次にオリンピックに代表を送り出すのは28年後の1964年東京オリンピックである。

出典[編集]

  1. ^ a b c Japanese Delegation of Athletics Team : Rio de Janeiro 2016 (PDF) 」、日本陸上競技連盟、2016年、2020年2月20日閲覧。
  2. ^ RYOJI NARAOKA”. IOC. 2020年2月20日閲覧。
  3. ^ 『「現代物故者事典」総索引 : 昭和元年~平成23年 2 (学術・文芸・芸術篇)』日外アソシエーツ株式会社、2012年、809頁。
  4. ^ a b c d e f 『現代物故者事典 1991~1993』442-443頁。
  5. ^ a b なみおか町史コラム(8) ~終戦直後の浪岡本町~”. なみおか今・昔. 青森市. 2020年2月20日閲覧。
  6. ^ "Ryoji Naraoka Olympic Results". Sports-Reference.com. Sports Reference LLC. 4 December 2017閲覧
  7. ^ 松原孝臣 (2015年8月31日). “悲願のメダルを生んだ「先人の土台」。谷井孝行の快挙は、競歩界の総力だ。”. Number Web. 文藝春秋. 2020年2月20日閲覧。
  8. ^ 福士広司(校長)「開校70周年にむけて (PDF) 」 『なかま』第36巻、青森県立大湊高等学校東京同窓会、2016年6月25日、 1頁、2020年2月20日閲覧。
  9. ^ 東京生活アンケート (PDF) 」 『なかま』第36巻、青森県立大湊高等学校東京同窓会、2016年6月25日、 7頁、2020年2月20日閲覧。

参考文献[編集]

  • 『現代物故者事典 1991~1993』日外アソシエーツ、1994年。