奈良県社会人サッカーリーグ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
奈良県社会人サッカーリーグ
加盟国 日本の旗 日本奈良県
ディビジョン 3部制
参加クラブ 1部 : 10
2部 : 10×2
3部 : 7×3
リーグレベル 第7〜9部
上位リーグ 関西サッカーリーグ2部
最新優勝クラブ 1部 : 奈良クラブソシオス
2部 : 生駒スポーツクラブ、ポルベニルカシハラNEXT
3部 : 奈良県庁、旭ヶ丘クラブ、MONOLITH (2019年)
公式サイト 奈良県社会人サッカー連盟

奈良県社会人サッカーリーグ(ならけんしゃかいじんサッカーリーグ)とは、全国の都道府県にあるサッカー都道府県リーグのひとつである。

概要とレギュレーション[編集]

  • 1部リーグ (10チーム)
  • 2部リーグ (10チーム×2ブロック)
  • 3部リーグ (8チーム×2ブロック+7チーム×1ブロック)

各リーグともに1回戦総当たりで行われるが、1部リーグにはプレーオフ制度がある(後述)。

昇格に関して[1][編集]

1部の上位4チームがプレーオフ(1回戦総当たり)を行う。

  • アドバンテージとしてリーグ1位には勝ち点2、リーグ2位には勝ち点1が与えられる。
  • プレーオフは「完全決着方式」を採用しており、引き分けの場合はPK戦を行い、勝者に勝ち点2、敗者に勝ち点1が与えられる。

プレーオフ1位・2位は関西府県リーグ決勝大会の参加権利を得る。優勝すると関西サッカーリーグ2部に自動昇格。準優勝の場合は関西リーグ2部7位との入替戦を行う。


1部-2部の入れ替えについて

  • 2部各ブロック1位が1部へ自動昇格。1部9位・10位は2部へ自動降格。
  • 2部各ブロック2位と1部7位・8位は入替戦(1試合)を行う。


2部-3部・教育の入れ替えについて

  • 3部リーグが2ブロック制の場合
    • 2部各ブロック9位・10位は3部へ自動降格。
    • 2部各ブロック7位・8位は3部各ブロック3位・4位と入替戦を行う。
    • 3部各ブロック1位・2位は2部へ自動昇格。
  • 3部リーグが3ブロック制の場合
    • 2部各ブロック10位は3部へ自動降格。
    • 2部各ブロック9位のうち、勝ち点の少ない方が3部への自動降格。もう1チームは3部各ブロック2位の最上位と入替戦を行う。
    • 2部各ブロック8位は、3部各ブロック2位と入替戦を行う。
    • 3部各ブロック1位は2部へ自動昇格。
  • 3部リーグが4ブロック制の場合
    • 2部各ブロック9位・10位は3部へ自動降格。
    • 2部各ブロック7位・8位は3部各ブロック2位と入替戦を行う。
    • 3部各ブロック1位は2部へ自動昇格。

※2部・3部リーグ各ブロックのチーム数が異なる場合の順位決めは、最もチーム数の少ないブロックのチーム数に合わせるために、他ブロックの下位チームの成績を抹消扱いとし同数にしたうえで各ブロック毎の順位を決定する。

なお、昇降格に関しては、JFL・関西リーグの昇格降格数により変更があり、詳しくは社会人連盟により協議のうえ決定する。

所属クラブ (2020年)[編集]

1部

2部

Aブロック
Bブロック
  • FC.KICKS高取
  • AVANZATA SC
  • S.C.DESSPA
  • 五條FC
  • TONAN CLUB2011
  • 畝傍クラブ
  • Atletico
  • FC ZERO
  • Diablossa Folletto
  • MONOLITH

3部

Aブロック
  • 旭ヶ丘クラブ
  • AC Vitello
  • シャープ郡山FC
  • FC.Vazio
  • フルジェンテ桜井
  • BANDIT
  • 三階堂
  • AC Doppietta
Bブロック
Cブロック

教育リーグ

歴代優勝チーム[編集]

1部