奈良県立城内高等学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

奈良県立城内高等学校(ならけんりつじょうないこうとうがっこう)はかつて、奈良県大和郡山市にあった奈良県公立高等学校である。


概要[編集]

  • 1906年に創立された奈良県生駒郡立農学校を源流とし、1948年奈良県立郡山農業高等学校となる。程なくして奈良県立郡山高等学校農業課程として統合されるも、1958年に再び奈良県立郡山農業高等学校として分離され、旧来の奈良県立郡山高等学校農業課程(定時制)は募集停止となり、1960年廃止。1977年には園芸科と生活科の募集停止を行い普通科を設置して奈良県立城内高等学校とする。2006年廃止。

学科[編集]

  • 普通科
  • 農業土木科:1966年募集停止。
  • 園芸科:1956年設置、1979年廃止。
  • 生活科:1966年設置、1979年廃止。

関連項目[編集]

奈良県高等学校の廃校一覧
百年祭 - 創立100周年にして廃校となる当校の委嘱により福島弘和が書下ろした吹奏楽曲。

参考文献[編集]

  • 奈良県立城内高等学校百年史編纂部『奈良県立城内高等学校百年史』:2006年発行。ちなみに、同書によると旧来の農業高等学校を改組する案の一つとして、農業短期大学を設置構想もあった。
  • 郡山農業高等学校『郡山農業高等学校七十年史』:1976年