奈良県立榛生昇陽高等学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
奈良県立榛生昇陽高等学校
国公私立の別 公立学校
設置者 奈良県の旗 奈良県
学区 全県一学区
三重県名張市(2次募集のみ)
併合学校 奈良県立榛原高等学校
奈良県立室生高等学校
設立年月日 2004年(平成16年)4月1日
共学・別学 男女共学
課程 全日制課程
単位制・学年制 学年制
設置学科 普通科
福祉科
学科内専門コース 普通科
人間探求コース
総合選択コース
学期 3学期制
高校コード 29149J
所在地 633-0241
奈良県宇陀市榛原下井足210番地

北緯34度31分28.2秒 東経135度57分21.8秒 / 北緯34.524500度 東経135.956056度 / 34.524500; 135.956056座標: 北緯34度31分28.2秒 東経135度57分21.8秒 / 北緯34.524500度 東経135.956056度 / 34.524500; 135.956056
外部リンク 公式サイト
Portal.svg ウィキポータル 教育
Project.svg ウィキプロジェクト 学校
テンプレートを表示

奈良県立榛生昇陽高等学校(ならけんりつ しんせいしょうようこうとうがっこう、Nara Prefectural Shinseishoyo High School)は、奈良県宇陀市榛原下井足に所在する公立高等学校

概要[編集]

歴史
奈良県の公立高等学校再編により、2004年(平成16年)4月に奈良県立榛原高等学校奈良県立室生高等学校の2校が統合されて開校した。校地・校舎は榛原高等学校のものを継承している。2014年(平成26年)に創立10周年を迎えた。奈良県教育委員会が策定した県立高等学校適正化実施計画により、2022年度より、奈良県立大宇陀高等学校と統合し、奈良県立宇陀高等学校が開校する予定。新高校では両校の校地を使用するとしている。
校名の由来
統合前の2校の校名から1文字ずつ(榛原の「榛」と室生の「生」)とって組み合わせ「榛生」としている。
設置課程・学科
全日制課程 2学科
  • 普通科 - 人間探求コース・総合選択コース
人間探求コースでは幼稚園小学校教員の養成を目指す。
  • 福祉科 - 奈良県立高等学校としては唯一の設置。
福祉科では介護福祉士国家資格受験資格や、訪問介護員ホームヘルパー)1級・2級の取得が可能。
校訓・学校教育目標
校訓は制定されていないが、「自己を磨き、生き方を学び、未来に挑戦する」が学校教育目標として設定されている。
校章
校名にちなんで太陽と、S(昇陽(Shoyo)の頭文字)の形にかたどった宇陀川の流れを組み合わせて「高」の文字を置いている。
校歌
作詞は市川雅利、作曲は福永伸一による。歌詞は3番まであり、各番に校名の「榛生昇陽」が登場する。
同窓会
宇陀高等女学校、榛原高等学校、室生高等学校の同窓会を包括している。

沿革[編集]

  • 2004年(平成16年)
    • 4月1日 - 奈良県立榛原高等学校と奈良県立室生高等学校の2校が統合され、「奈良県立榛生昇陽高等学校」が開校。
      • 榛原高等学校と室生高等学校は生徒募集を停止。ただし、在校生(2003年(平成15年)入学生)が卒業するまで経過措置として存続される。
      • 校地・校舎榛原高等学校のものを共用(併設の形をとる)。
    • 4月12日 - 開校式および第1回入学式を挙行。
  • 2006年(平成18年)3月31日 - 奈良県立榛原高等学校と奈良県立室生高等学校が廃止。
    • 榛原高等学校より校地・校舎がすべて移管される。
    • 榛原高等学校・室生高等学校の証明書等発行の事務が榛生昇陽高等学校に移管される。
  • 2022年4月1日 - 奈良県立大宇陀高等学校と統合し、奈良県立宇陀高等学校が開校予定。
  • 2024年3月31日 - 閉校予定。

部活動[編集]

交通[編集]

著名な出身者[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]