奈良県立短期大学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
奈良県立短期大学
大学設置/創立 1953年
廃止 1993年
学校種別 公立
設置者 奈良県
本部所在地 奈良県奈良市船橋町10
学部 商経学科第二部
テンプレートを表示

奈良県立短期大学(ならけんりつたんきだいがく、英語: Nara Prefectural Junior College[1])は、奈良県奈良市船橋町10に本部を置いていた日本公立大学である。1953年に設置され、1993年に廃止された。大学の略称は県短または奈良短大[2]。学生募集は1989年度まで、1993年3月31日廃止[3]。現在は、奈良県立大学となっている。

概要[編集]

大学全体[編集]

  • 奈良県立短期大学は奈良県により1953年奈良市内に設置された日本公立短期大学。設置されていた学科は夜間課程 1 学科のみで、入学定員は150 名で修業年限は夜間部3年制となっていた。廃止までの卒業者総数は4,237人(うち女子935)である[2]

教育および研究[編集]

  • 奈良県立短期大学は主に商業や経済に関する専門教育に特化した教育が行われていた。
  • 1953年6月15日に商経研究会が設置された[2]

学風および特色[編集]

  • 奈良県立短期大学は勤労の傍らで学業に勤しむ人々に大学教育を開放すべく夜間部が設置されていた。ちなみに、当時夜間課程を置く大学は奈良県内では唯一であった。
  • 1965年あたりまでは、小学校教員や中学校教員を含めた公務員が多く在籍していた[2]

沿革[編集]

基礎データ[編集]

所在地[編集]

  • 奈良県奈良市船橋町10

象徴[編集]

  • 大学歌は山本喜文が作詞、辻井英世が作曲したものとなっている[2]
  • 学生歌は、末武文重が作詞、大野一雄が作曲したものとなっている。こちらには、英訳のものもあり、作詞者は日本語版を作詞した末武文重によるものとなっている[2]

教育および研究[編集]

組織[編集]

学科[編集]

  • 商経学科第二部

専攻科[編集]

  • なし

別科[編集]

  • なし

取得資格について[編集]

附属機関[編集]

  • 附属図書館

研究[編集]

  • 1954年3月に研究機関誌として『研究季報』が創刊された[2]

学生生活[編集]

学園祭[編集]

  • 奈良県立短期大学の学園祭は、概ね例年11月に行われ、クラス・ゼミナール毎の模擬店やサークル活動によるパネル展示、芸能人を招いてのアトラクションなどが催された[2]

大学関係者と組織[編集]

大学関係者組織[編集]

  • 奈良県立短期大学には同窓会組織があり、発足は1955年3月19日である。廃止された1992年までの間に4,237人が登録されている[2]
  • 後援会なる団体組織は1953年4月19日に発足している[2]

大学関係者一覧[編集]

大学関係者[編集]

歴代学長

  • 武田鼎一
  • 下位真一郎
  • 岩井良太郎
  • 下位真一郎
  • 内田穣吉
  • 三宅順一郎
  • 勝田吉太郎

出身者[編集]

施設[編集]

キャンパス[編集]

学生食堂[編集]

  • 学内に設置されていた[2]

対外関係[編集]

系列校[編集]

社会との関わり[編集]

  • 地域社会の発展に寄与すべく、開かれた大学を目指すべく公開講座を実施していた。1972年に開始された[2]

卒業後の進路について[編集]

就職について[編集]

  • 在学者の大半は有職者であったため、就職希望者は少なかった[2]

参考文献[編集]

関連項目[編集]

関連サイト[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Hitory of NPU(英語)より。2014年12月25日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m n o 『奈良県立短期大学その歩みと回想 平成4年』より
  3. ^ a b 平成23年度『全国短期大学高等専門学校一覧』252頁より。
  4. ^ 昭和30年度版『全国学校総覧』(以下『総覧』と略す。)1371頁より。
  5. ^ 平成2年度版『総覧』51頁より
  6. ^ 平成5年度版『総覧』53頁には1992年5月1日現在、男子19が在籍していたというデータが記録されている。
  7. ^ 教員養成課程認定大学短期大学一覧』(1955年)49頁より
  8. ^ 西本もりなおプロフィールを参照
  9. ^ 奈良市立図書館に所蔵がある。