奈良県第2区

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
日本の旗奈良県第2区
衆議院小選挙区 奈良県.svg衆議院小選挙区 凡例.svg
行政区域 大和郡山市天理市奈良市(旧都祁村域)、香芝市山辺郡生駒郡磯城郡北葛城郡
(2017年7月16日現在)
比例区 近畿ブロック
設置年 1994年2017年区割変更)
選出議員 高市早苗
有権者数 387,444人
1.65 倍(一票の格差鳥取1区との比較)
総務省・2019年9月登録日)
テンプレートを表示

奈良県第2区(ならけんだいにく)は、日本衆議院議員総選挙における選挙区1994年平成6年)の公職選挙法改正で設置。

区域[編集]

2017年の区割変更により、4区が廃止されたことに伴い、2区の区域のうち、生駒市1区へ移動し、3区のうち香芝市磯城郡北葛城郡が編入されている。2017年の区割り変更前は以下の区域であった。

歴史[編集]

2005年9月11日第44回衆議院議員総選挙郵政解散による選挙)では、郵政造反組であった滝実新党日本)への刺客として出馬した自民党高市早苗が当選。滝も比例復活した。なお、この選挙で落選した民主党中村哲治2007年第21回参議院議員通常選挙に民主党から出馬し当選した。

2009年8月30日第45回衆議院議員総選挙では新党日本から民主党に鞍替えした滝が、高市を破って当選した(高市も比例復活)。

2012年12月16日第46回衆議院議員総選挙では滝が引退を表明し、自民・民主・共産に加えて、参議院から鞍替えし日本未来の党公認で出馬した中村、日本維新の会が擁立した並河の5人による争いとなった。民主への逆風と第3極による票の分散もあって、高市が小選挙区での議席を奪回した。

小選挙区選出議員[編集]

選挙名 当選者 党派
第41回衆議院議員総選挙 1996年(平成8年) 滝実 自由民主党
第42回衆議院議員総選挙 2000年(平成12年)
第43回衆議院議員総選挙 2003年(平成15年) 中村哲治 民主党
第44回衆議院議員総選挙 2005年(平成17年) 高市早苗 自由民主党
第45回衆議院議員総選挙 2009年(平成21年) 滝実 民主党
第46回衆議院議員総選挙 2012年(平成24年) 高市早苗 自由民主党
第47回衆議院議員総選挙 2014年(平成26年)
第48回衆議院議員総選挙 2017年(平成29年)

選挙結果[編集]

解散日:2017年(平成29年)9月28日 投票日:2017年(平成29年)10月22日
当日有権者数:389,051人 最終投票率:54.89%(前回比:-0.51ポイント)

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
高市早苗56自由民主党124,508票
60.1%
――公明党推薦
松本昌之34希望の党52,384票
25.3%
42.1%
霜鳥純一56日本共産党30,356票
14.6%
24.4%

解散日:2014年(平成26年)11月21日 投票日:2014年(平成26年)12月14日
当日有権者数:295,929人 最終投票率:55.40%(前回比:-8.50ポイント)

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
高市早苗53自由民主党96,218票
61.3%
――公明党推薦
中村哲治43生活の党38,781票
24.7%
40.3%緑の党推薦
和泉信丈31日本共産党21,937票
14.0%
22.8%

解散日:2012年(平成24年)11月16日 投票日:2012年(平成24年)12月16日
当日有権者数:297,375人 最終投票率:63.90%(前回比:-8.70ポイント)

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
高市早苗51自由民主党86,747票
46.7%
――公明党推薦
並河健33日本維新の会45,014票
24.2%
51.9%みんなの党推薦
百武威37民主党22,321票
12.0%
25.7%国民新党推薦
中村哲治41日本未来の党19,200票
10.3%
22.1%新党大地推薦
中野明美64日本共産党12,444票
6.7%
14.3%
  • 並河は2013年に執行された天理市長選挙に無所属で立候補し、当選。

解散日:2009年(平成21年)7月21日 投票日:2009年(平成21年)8月30日
当日有権者数:298,265人 最終投票率:72.60%(前回比:+1.57ポイント)

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
滝実70民主党98,728票
46.5%
――
比当高市早苗48自由民主党94,879票
44.7%
96.1%
西ふみ子74日本共産党15,626票
7.4%
15.8%
田中孝子54幸福実現党2,971票
1.4%
3.0%

解散日:2005年(平成17年)8月8日 投票日:2005年(平成17年)9月11日
当日有権者数:297,385人 最終投票率:71.03%(前回比:+10.72ポイント)

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
高市早苗44自由民主党92,096票
44.5%
――
中村哲治34民主党72,074票
34.8%
78.3%
比当滝実66新党日本29,995票
14.5%
32.6%
中野明美57日本共産党12,657票
6.1%
13.7%
  • 高市は滝への刺客として1区から国替え。滝はその後、新党日本を離党し、無所属を経て第45回総選挙の解散直後に民主党へ。
  • 中村は第21回参議院議員通常選挙に立候補し、当選。

解散日:2003年(平成15年)10月10日 投票日:2003年(平成15年)11月9日
当日有権者数:296,265人 最終投票率:60.31%(前回比:+1.22ポイント)

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
中村哲治32民主党83,168票
48.4%
――
比当滝実65自由民主党73,646票
42.9%
88.6%
宮本次郎28日本共産党15,044票
8.8%
18.1%

解散日:2000年(平成12年)6月2日 投票日:2000年(平成12年)6月25日
当日有権者数:294,417人 最終投票率:59.09%(前回比:+1.53ポイント)

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
滝実61自由民主党71,146票
42.4%
――
比当中村哲治28民主党63,707票
38.0%
89.5%
伊藤正明58日本共産党26,546票
15.8%
37.3%
岡井康弘42自由連合6,418票
3.8%
9.0%

解散日:1996年(平成8年)9月27日 投票日:1996年(平成8年)10月20日
当日有権者数:294,130人 最終投票率:57.56%

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
滝実58自由民主党65,679票
41.3%
――
鎌田博貴36新進党45,837票
28.8%
69.8%
宇賀神せつ子57日本共産党24,476票
15.4%
37.3%
田中惟允53民主党17,513票
11.0%
26.7%
岡井康弘38自由連合5,641票
3.5%
8.6%

関連項目[編集]