奏乃はると

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

奏乃 はると(そうの はると、4月3日[1] - )は、宝塚歌劇団雪組に所属する男役。雪組組長[1]

東京都清瀬市[1]吉祥女子高等学校出身[1]。身長168cm[1]。愛称は「にわ」、「はると」[1]

来歴[編集]

1997年、宝塚音楽学校入学。

1999年、宝塚歌劇団に85期生として入団。入団時の成績は12番[2]。雪組公演「再会ノバ・ボサ・ノバ」で初舞台[1]。組まわりを経て雪組に配属。

2014年9月1日付で雪組副組長に就任。

2019年2月11日付で雪組組長に就任[3]

主な舞台[編集]

初舞台[編集]

組まわり[編集]

雪組時代[編集]

出演イベント[編集]

  • 2002年1月、逸翁デー『タカラヅカ・ホームカミング』
  • 2002年6月、TCAスペシャル2002『LOVE』
  • 2003年1月、小林一三生誕130年記念『清く正しく美しく』
  • 2003年1月、逸翁デー『タカラヅカ・ホームカミング』
  • 2003年9月、『レビュー記念日』
  • 2004年7月、宝塚巴里祭2004『ボンジュール・パリ』
  • 2005年1月、逸翁デー『タカラヅカ・ホームカミング』
  • 2005年12月、『花の道 夢の道 永遠の道』
  • 2006年8月、『雪組エンカレッジ・コンサート
  • 2007年1月、小林一三没後50年追悼スペシャル『清く正しく美しく』
  • 2013年9月、第27回『イゾラベッラ サロンコンサート』 主演
  • 2018年5月、『凱旋門』前夜祭

脚注[編集]

[脚注の使い方]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g 『宝塚おとめ 2021年度版』 宝塚クリエイティブアーツ、2021年、73頁。ISBN 978-4-86649-158-5。
  2. ^ 『宝塚歌劇100年史 虹の橋 渡りつづけて(人物編)』 阪急コミュニケーションズ、2014年4月1日、111頁。ISBN 9784484146010。
  3. ^ 宝塚宙組3番手スター・愛月ひかるが来年2月に専科へ異動 スポーツ報知。

注釈[編集]

  1. ^ 1/30〜2/3は体調不良のため休演。代役は鳳華はるなと橘幸が務めた。