契丹国志

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

契丹国志』(きったんこくし)は、中国歴史書。27巻。南宋の葉隆礼撰。契丹)の歴史を紀伝体で記述したもの。

概要[編集]

契丹国(遼)の歴史を南宋の葉隆礼が勅命をうけて編纂した紀伝体の書。全27巻。葉隆礼の〈進書表〉には淳熙7年(1180年)の日付があるが、葉隆礼は淳祐7年(1247年)の進士で、少なくともそれ以後の成立。初には知られず、元中期になって世に出た。『資治通鑑』『続資治通鑑長編』『新五代史』『松漠紀聞』『燕北雑記』などの宋側の資料を使い、『使遼図鈔』『北遼遺事』などの逸書も引く。正史の『遼史』には見られない記事や見解がある[1]

構成[編集]

  • 巻之一…太祖大聖皇帝
  • 巻之二…太宗嗣聖皇帝
  • 巻之三…太宗嗣聖皇帝下
  • 巻之四…世宗天授皇帝
  • 巻之五…穆宗天順皇帝
  • 巻之六…景宗孝成皇帝
  • 巻之七…聖宗天輔皇帝
  • 巻之八…興宗文成皇帝
  • 巻之九…道宗天福皇帝
  • 巻之十…天祚皇帝
  • 巻之十一…天祚皇帝中
  • 巻之十二…天祚皇帝下
  • 巻之十三 后妃伝…太祖述律皇后太宗蕭皇后世宗甄皇后、穆宗蕭皇后、景宗蕭皇后聖宗蕭皇后興宗蕭皇后道宗蕭皇后海濱王蕭皇后海濱王文妃
  • 巻之十四 諸王伝…東丹王恭順皇帝、孝文皇太弟、斉国王隆裕、魯王宗元、晋王宗懿、燕王洪道、梁王信寧
  • 巻之十五 外戚伝…述律魯速、蕭延思、劉珂、蕭守興、蕭孝穆、蕭奥只
  • 巻之十六 列伝…韓延徽張礪趙延寿
  • 巻之十七 列伝…蕭翰、麻荅、耶律郎五
  • 巻之十八 列伝…盧文進、耶律隆運、劉六符
  • 巻之十九 列伝…馬保忠、張琳、蕭奉先李儼耶律余覩、大實
  • 巻之二十 晋表…晋出帝降表、皇太后降表、澶淵誓書(宋真宗誓書、契丹聖宗誓書)、関南誓書(契丹興宗致書、宋朝回契丹書、契丹回宋誓書)、議割地界書、大遼求地界書、宋朝回書
  • 巻之二十一…南北朝饋献礼物(契丹賀宋朝生日礼物、宋朝賀契丹生辰礼物、宋朝労契丹人使物件)、外国貢進礼物(新羅国貢進物件、横進物件、契丹毎次回賜物件、契丹賜奉使物件、西夏国貢進物件、諸小国貢進物件)
  • 巻之二十二 州県載記…建五京五処、大藩府六処、銭帛司三処、節鎮三十三処、節鎮三十三処、建観察防禦団練使八処、刺史州七十余処、遼東邊遠不記州十余県二百余外見記五処、諸藩臣投下州二十三処、控制諸国、上京太宗建、中京承天太后建、南京太宗建、東京太宗建
  • 巻之二十三…族姓原始、国土風俗、併合部落、兵馬制度、建官制度、宮室制度、衣服制度、漁獵時候、試士科制
  • 巻之二十四…王沂公行程録、富鄭公行程録、余尚書北語詩、刁奉使北語詩
  • 巻之二十五…胡嶠陥北記、張舜民使北記
  • 巻之二十六 諸蕃記…国、古粛慎国、室韋国、新羅国、高昌国、女真国、黄頭女真、嗢熱国、渤海
  • 巻之二十七 歳時雑記…正旦、立春、人日、中和、上巳、仏誕日、端五、朝節、三伏、中元、中秋、重九、小春、冬至、臘月、治盗、行軍、午日、旋風、舎利、跪拜、長白山、沢蒲、回鶻豆、螃蟹

脚注[編集]

  1. ^ 世界大百科事典 第2版

参考資料[編集]