奥さん!2時です

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

奥さん!2時です』(おくさん にじです)は、東京12チャンネル(現・テレビ東京)と毎日放送 (MBS) が共同製作した主婦向けのワイドショーである。

当記事では、その前身となる『ファミリースタジオ』→『ファミリースタジオ230』も紹介する。

概要[編集]

MBSは、1969年10月よりワイドショー番組『ファミリースタジオ』(午後2時からの1時間枠で放送)を関西ローカルで独自編成していたが、これを当時再建中でMBSが筆頭株主[1]でもある東京12チャンネルと共同の主婦向けワイドショー番組に改編する形で1970年4月2日より『ファミリースタジオ230』(放送枠は午後2:30 - 3:25)として放送を開始。番組は月・火・水曜が大阪・MBS発、木・金曜は東京12チャンネル発という形を取った。

これをさらに1970年10月から2時開始にしたのが、この『奥さん!2時です』である。東京版は歌手の江利チエミを、大阪版は桂三枝(後の六代目桂文枝)、笑福亭仁鶴森乃福郎を曜日別のメイン司会に、毎日放送アナウンサーの藤本永治を進行役に起用。主婦向けの生活情報やゲストとのインタビューを楽しんだ[誰が?]

1975年3月30日のネットチェンジによる系列局整理で、MBSはこれまでのANNNET系列)/東京12チャンネルの変則クロスネットを解消し、JNNTBS系列)に統一[2][3]したため、形式上発展解消という形で終了した[4]

一方の東京12チャンネルは、近畿地方での実質的な系列局となっていた近畿テレビサンテレビとの共同製作番組『こんにちは!奥さん2時です』を放送することになった。なお、近畿テレビ版/サンテレビ版は出演者・スタッフの一部が当ページの番組[どれ?]に関わっており、実質的に系列局を変えた続編という位置づけにもなった。

司会者[編集]

『ファミリースタジオ』時代[編集]

『ファミリースタジオ230』時代[編集]

『奥さん!2時です』時代[編集]

  • 江利チエミ(東京12ch製作版(木曜・金曜):初代メイン司会、1970.10 - 1972.2)
  • 木暮実千代(同上:2代目メイン司会、1972.3 - 1974.3)
  • 川口浩(同上:3代目メイン司会、1974.4 - 1975.3)
  • 岡野忠元(同上:江利のアシスタント役、1970.10 - 1972.2)
  • 砂川啓介(同上:小暮のアシスタント役<初代>、1972.3 - 降板時期不明)
  • 三笑亭夢楽(同上:小暮のアシスタント役<2代目>、登板時期不明 - 1974.3)
  • 藤本永治(毎日放送製作版(月曜 - 水曜):進行役、1970.10 - 1974.3)
  • 桂三枝(後の六代目桂文枝)(同上:月曜メイン司会、1970.10 - 1975.3)
  • 笑福亭仁鶴(同上:火曜メイン司会、1970.10 - 1975.3)
  • 森乃福郎(同上:水曜メイン司会、1970.10 - 1974.3)
  • 浜村淳(同上:水曜メイン司会、1974.4 - 1975.3)
  • 桂文珍(同上:進行役、1974.4 - 1975.3)
  • 石川豊子(同上:進行役、1974.4 - 1975.3)

放送時間[編集]

いずれも日本標準時

『ファミリースタジオ230』時代[編集]

  • 月曜 - 金曜 14:30 - 15:00 (1970年4月2日 - 1970年9月30日)

『奥さん!2時です』時代[編集]

  • 月曜 - 金曜 14:00 - 15:00 (1970年10月1日 - 1974年9月3日)
  • 月曜 - 金曜 14:00 - 14:55 (1974年9月4日 - 1975年3月28日)

ネット局[編集]

『奥さん!2時です』時代[編集]

  • 東京12チャンネル
  • 毎日放送
  • 北海道テレビ
  • 東北放送
  • 名古屋テレビ
  • 山陽放送(当時の放送対象地域は岡山県のみ。1972年3月に打ち切り)
  • 岡山放送(当時の放送対象地域は岡山県のみ。1972年4月に山陽放送から移行したが、1973年6月に打ち切り)
    • 岡山放送の開局後も継続したが、当時系列内だったABCからの『ワイドショー・プラスα』ネットのため1972年4月改編で打ち切り、腸捻転解消後の『スタジオ2時』からMBSとのネットを再開。本番組の移行を受けた岡山放送は、フジテレビの『FNN奥さまニュース』を放送するために14:45で飛び降りていた。その後、フジテレビの『ひらけ!ポンキッキ』を同時ネットするため、1973年6月に番組ネットを打ち切った[5]。また放送対象地域統合前の瀬戸内海放送(当時の放送対象地域は香川県のみ)は、時差ネットまたは再放送枠確保の関係から本番組をネットしなかった。腸捻転の解消後、『ワイドショー・プラスα』は瀬戸内海放送がネットした。
  • 中国放送
    • 広島ホームテレビ開局前に放送していた『アフタヌーンショー』(14時からの時差放送)の、1970年10月のホームテレビへの放送系列移動(10月・11月は試験放送扱い。12月1日に正式開局)に合わせて放送開始。当時系列内だったABCからの『ワイドショー・プラスα』ネットのため1972年4月改編で打ち切り、腸捻転解消後の『スタジオ2時』からMBSとのネットを再開。広島ホームテレビはNET系のみならず、広島テレビの編成から漏れた日本テレビ・フジテレビの番組を編成していた関係上、時差ネット・再放送枠確保の関係から放送を見送り、RCCから『ワイドショー・プラスα』の移行を受けるまでこの時間帯を再放送・映画やゴールデンタイムNET系列番組の先行または遅れネット等の自主編成で繋いだ。
  • テレビ山口
    • フジテレビの『FNN奥さまニュース』を放送するため、14:45で飛び降り。
  • テレビ高知
  • 九州朝日放送

※地方のネット局のうち、北海道テレビ・名古屋テレビ・テレビ山口・九州朝日放送は毎日放送がかつて属していたNET(テレビ朝日)系列の局で、左記以外の4局は毎日放送が1975年3月31日から属しているTBS系列の局である。ただし本番組放送当時の名古屋テレビ・岡山放送・テレビ山口は、他系列とのクロスネット局であった。

脚注[編集]

  1. ^ 当時の「東京12チャンネル」の放送免許人は財団法人日本科学技術振興財団であったが、テレビ事業が極度の経営不振に陥ったため、その再建支援のために毎日放送が日本生命保険ほか財界各社と発足させたテレビ放送制作運営会社が、株式会社東京十二チャンネルプロダクション、すなわち現在の放送免許人株式会社テレビ東京である。日本生命保険は1969年日本経済新聞社が同社に対し大口出資を行うと撤退したが、毎日放送はTBS系列に移行したのちも依然として同社(持株親会社を設立したので、現在は同社の親会社である株式会社テレビ東京ホールディングス)に対し出資を続けている。
  2. ^ JNN加盟局に義務付けられている排他協定(現在も同様)により、JNN非加盟局である東京12チャンネルとネットワークを組めなくなったため。
  3. ^ ただし、一部番組は番組販売の扱いでテレビ大阪の開局する直前の1982年2月まで継続
  4. ^ これ以後、MBSは単独で主に西日本のJNN系列を中心としたブロックネットの主婦向けワイドショー(『スタジオ2時』→『ワイドYOU』など)を放送
  5. ^ 出典:読売新聞・岡山版。1973年4月9日・7月2日、10月1日(いずれも月曜日、20ページ)、テレビ・ラジオ欄。

出典[編集]

  • Ryu's Diary =TV・MUSIC・LANDSCAPE= No.164-あの日のテレビ・ラジオ欄(1971(昭和46)年4月28日(水)編)② 東京12チャンネル[出典無効]
東京12チャンネル 月曜 - 金曜14:00 - 14:30枠
前番組 番組名 次番組
奥さま映画館
※13:00 - 14:30
奥さん!2時です
(1970年10月1日 - 1975年3月28日)
こんにちは!奥さん2時です
(1975年3月31日 - 1977年9月30日)
※14:00 - 14:55
東京12チャンネル 月曜 - 金曜14:30 - 14:55枠
再放送枠
※14:30 - 15:25
ファミリースタジオ230
(1970年4月2日 - 1970年9月30日)

奥さん!2時です
(1970年10月1日 - 1975年3月28日)
こんにちは!奥さん2時です
(1975年3月31日 - 1977年9月30日)
※14:00 - 14:55
東京12チャンネル 月曜 - 金曜14:55 - 15:00枠
再放送枠
※14:30 - 15:25
ファミリースタジオ230
(1970年4月2日 - 1970年9月30日)

奥さん!2時です
(1970年10月1日 - 1974年9月3日)