奥の細道むすびの地記念館

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Japanese Map symbol (Museum) w.svg 奥の細道むすびの地記念館
Basho’s Oku no Hosomichi Haiku Journey Museum.[1]
Ōgaki City Basho's Oku no Hosomichi Haiku Journey Museum.jpg
2017年8月24日撮影
施設情報
館長 黛まどか
開館 2012年4月8日
所在地 503-0923
日本の旗 日本岐阜県大垣市船町2丁目26番地1
位置 北緯35度21分22.4秒 東経136度36分42.6秒 / 北緯35.356222度 東経136.611833度 / 35.356222; 136.611833座標: 北緯35度21分22.4秒 東経136度36分42.6秒 / 北緯35.356222度 東経136.611833度 / 35.356222; 136.611833
アクセス 大垣駅から徒歩16分
大垣駅からバス7分、「奥の細道むすびの地記念館前」下車すぐ
大垣ICから車で20分
大垣西ICから車で10分
外部リンク 大垣市奥の細道むすびの地記念館の概要
プロジェクト:GLAM

奥の細道むすびの地記念館(おくのほそみちむすびのちきねんかん)は、松尾芭蕉おくのほそ道の旅を終えた岐阜県大垣市にある記念館。

2008年の大垣市制90周年を記念し、「憩いと賑わいの空間」づくりの拠点として整備された[2]。周辺整備も含めた事業費は約40億円。芭蕉と親交のあった俳人・谷木因の邸跡に建てられている。

なお東西全国俳句相撲の審査員などで市と縁のある俳人の黛まどかが市より委嘱を受け名誉館長を務めている[3]

施設[編集]

  • 芭蕉館 - おくのほそ道全体を扱った展示
    • AVシアター
  • 先賢館 - 大垣の先賢5人を扱った展示
  • 観光・交流館 - 大垣市および西美濃エリアの観光スポットを紹介
    • 多目的室1・2
    • 情報・図書コーナー
    • 物産コーナー「芭蕉庵」
    • お休み処
    • 赤ちゃんステーション
  • 無何有荘大醒榭 - 大垣藩藩老小原鉄心の別荘「無何有荘」の「大醒榭(たいせいしゃ)」を移築[4]。和風に中国風意匠を取り入れた設計で茶室・湯殿・水屋・厠の4室で構成され、衝立には江戸時代には珍しい色ガラスが使用されている[4]。大垣市重要文化財[4]

料金[編集]

芭蕉館/先賢館は300円(18歳未満無料)。大垣城などに入れる600円の共通入場券もある。観光・交流館は無料。

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 市民俳句まつり 英語ハイク 応募フォーム”. 大垣・西美濃観光ポータル「水都旅(すいとりっぷ)」. 2015年5月20日閲覧。
  2. ^ 憩いと賑わいの空間誕生 奥の細道むすびの地記念館”. 大垣市 (2012年4月15日). 2015年5月20日閲覧。
  3. ^ 名誉館長”. 大垣市. 2015年5月20日閲覧。
  4. ^ a b c 無何有荘大醒榭”. 大垣市. 2015年5月20日閲覧。