奥井智之

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

奥井 智之(おくい ともゆき、1958年 - )は、日本の社会学者、亜細亜大学教授。

奈良県生まれ。1981年東京大学教養学部相関社会科学卒業、88年同大学院社会学研究科社会学専攻単位取得満期退学。90年亜細亜大学経済学部助教授、のち教授。和敬塾出身。

著書[編集]

  • 近代的世界の誕生 日本中世から現代へ 弘文堂 1988.8
  • 60冊の書物による現代社会論 五つの思想の系譜 中公新書 1990.4
  • 日本問題 「奇跡」から「脅威」へ 中公新書 1994.6
  • アジールとしての東京 日常のなかの聖域 弘文堂 1996.2
  • 大人になるためのステップ 少年社会学序説 弘文堂 2001.9
  • 社会学 東京大学出版会 2004.7
  • 社会学の歴史 東京大学出版会 2010.9

翻訳[編集]

  • 社会学の考え方 日常生活の成り立ちを探る ジグムント・バウマン HBJ出版局 1993.10
  • コミュニティ 安全と自由の戦場 ジグムント・バウマン 筑摩書房 2008.1