奥宮種男

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
奥宮 種男
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 福岡県小倉市(現・北九州市
生年月日 (1949-04-08) 1949年4月8日(69歳)
身長
体重
175 cm
75 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 捕手
プロ入り 1967年 ドラフト3位
初出場 1968年4月7日
最終出場 1979年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
監督・コーチ歴

奥宮 種男(おくみや たねお、1949年4月8日 - )は、福岡県小倉市[1](現・北九州市)出身の元プロ野球選手捕手)・コーチ

経歴[編集]

九州工では、後に阪神外野手として活躍する桑野議投手とバッテリーを組んだ。 1967年夏の甲子園県予選で決勝に進出するが、小倉工横山晴久投手に0-3で完封負け、甲子園出場を逸する。

1967年のドラフト会議で、サンケイアトムズの3位指名を受けて入団[1]1970年ジュニアオールスターに出場。サンケイには正捕手として大矢明彦がおり、1971年から控え捕手として一軍に定着。大きな活躍の場はなかったが、1972年には29試合に先発出場。うち4試合はいわゆる当て馬だった。1974年には八重樫幸雄の台頭で、控え捕手の位置を譲り、出場機会も減る。1978年のシーズン前に、金銭トレードでクラウンライターライオンズへ移籍。同年は若菜嘉晴の控え捕手として53試合に出場するが、「西武ライオンズ」の誕生により球団が所沢に移転した1979年には田淵幸一野村克也の加入もあり、出場数が激減。同年オフに引退[1]

引退後も西武に残り、一軍バッテリーコーチ補佐(1980年 - 1981年)、二軍バッテリーコーチ(1982年 - 1984年)、二軍バッテリーコーチ補佐(1985年)を務めた。1986年からは根本陸夫の師事の下、チームスタッフという新しい部署を設立し、責任者として黄金期を支える。1991年に一軍バッテリーコーチとして現場復帰し、3年連続リーグ優勝・日本一に貢献。1993年には二軍バッテリーコーチを務め、フロントとなった1994年に退団。1995年からは阪神タイガースの二軍バッテリーコーチとなり、1997年退任。1999年には日本ハムファイターズの二軍バッテリーコーチを務めたが[1]、1年で退任。

2014年10月東筑紫学園高等学校の野球部監督に就任[2]2018年3月東筑紫学園高等学校監督を退任。後任は古賀敬悟。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1968 サンケイ
アトムズ
ヤクルト
9 4 4 0 1 1 0 0 2 0 0 0 0 0 0 0 0 2 0 .250 .250 .500 .750
1969 19 30 26 4 8 0 0 1 11 2 0 0 3 0 0 0 1 11 1 .308 .333 .423 .756
1970 9 11 10 0 1 0 0 0 1 0 0 0 0 0 1 0 0 6 1 .100 .182 .100 .282
1971 25 36 30 2 5 0 0 0 5 1 0 0 2 0 4 0 0 7 0 .167 .265 .167 .431
1972 45 89 77 11 18 1 0 2 25 9 4 0 1 0 9 2 2 18 0 .234 .330 .325 .654
1973 37 67 60 7 8 2 0 1 13 4 1 0 2 0 4 0 1 15 3 .133 .200 .217 .417
1974 9 10 10 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 2 2 .000 .000 .000 .000
1975 7 6 6 0 1 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 0 4 0 .167 .167 .167 .333
1976 7 6 6 0 1 0 0 0 1 1 0 0 0 0 0 0 0 1 2 .167 .167 .167 .333
1978 クラウン
西武
53 100 84 12 22 1 3 0 29 11 2 2 4 0 9 0 3 23 0 .262 .354 .345 .699
1979 29 48 40 4 7 0 0 0 7 0 0 0 3 0 3 0 2 7 0 .175 .267 .175 .442
通算:11年 249 407 353 40 72 5 3 4 95 28 7 2 15 0 30 2 9 96 9 .204 .283 .269 .552
  • クラウン(クラウンライターライオンズ)は、1979年に西武(西武ライオンズ)に球団名を変更
  • サンケイ(サンケイスワローズ)は、1969年にアトムズに、1970年にヤクルト(ヤクルトアトムズ)に、球団名を変更

背番号[編集]

  • 31 (1968年 - 1977年)
  • 32 (1978年)
  • 12 (1979年)
  • 61 (1980年 - 1981年)
  • 92 (1982年 - 1990年)
  • 75 (1991年 - 1993年)
  • 81 (1995年 - 1997年)
  • 72 (1999年)

脚注[編集]

  1. ^ a b c d プロ野球人名事典 2003(2003年、日外アソシエーツ)、126ページ
  2. ^ 元ヤクルト 奥宮監督率いる東筑紫学園は敗退/福岡 日刊スポーツ、2015年7月6日閲覧

関連項目[編集]