奥州市営バス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
奥州市営バスの車両
Camera-photo Upload.svg 画像提供依頼:現行の奥州市営バス車両の画像提供をお願いします。2018年5月

奥州市営バス(おうしゅうしえいバス)は、岩手県奥州市のうちの江刺地区内において運行されている廃止代替バスである。

概要[編集]

江刺市営バス当時のバス停
  • 江刺市により『江刺市営バス』として運行していたものを、合併後の奥州市が引き継いだものである。元をたどると岩手県交通江刺営業所管内の路線がベースで、早池峰バスによる短期間の廃止代替運行を経て、現在の形となっている。
  • 運行形態は運行開始当時より、道路運送法の規定に基づく自家用自動車(白ナンバー車)による有償運送であり、奥州市が車両を所有し、運転・車両管理業務を委託して運行している。
  • 運行開始から長らくの間、早池峰バス江刺営業所が業務を受託していたが、2017年3月末を以って同社の全業務を岩手県交通に移管したため、現在は岩手県交通胆江営業所が受託している。なお同営業所では旧江刺市の頃から、スクールバスや給食運搬車等の運転・車両管理業務を受託している。受託車両が大半を占め、自社所有の緑ナンバー車両は数両であるが、それらも全て奥州市(水沢地区・衣川地区)より運行委託を受けた路線で使用される。

沿革[編集]

  • 2000年平成12年)
    • 4月1日 - 岩手県交通江刺営業所管内の路線廃止に伴い、その廃止代替路線として早池峰バスが暫定的に運行開始[1]。早池峰バスは受託のために江刺営業所を新設。
    • 7月1日 - 前述の廃止代替路線を奥州市が運行主体の江刺市営バスに切替え、12路線で運行開始[2]
  • 2006年(平成18年)2月20日 - 江刺市の奥州市への合併に伴い、奥州市営バスとして奥州市に引き継がれる。
  • 2017年(平成29年)4月1日 - 市営バス・Zバス・衣川バス星空号を含めた奥州市関連の早池峰バス受託事業を全て岩手県交通に移管。
  • 2019年(平成31年)4月1日 - 市営バスの一部路線及び平日の一部便を「株式会社 野口」に移管[3]

路線[編集]

  • ●は野口に移管された路線。
  • ○は平日の一部便において野口に移管された路線。

田原根木町線[編集]

伊手糀谷線・伊手口沢線[編集]

  • 毎日運行路線
    • ○江刺バスセンター - 江刺病院前 - 寺後 - JA伊手 - 玉川( - 夏目木)- 糀谷
      • 12月 - 3月は夏目木を経由しない。
  • 土・日・祝日運休路線
    • ◯江刺バスセンター - 江刺病院前 - 寺後 - JA伊手 - 玉川 - 糀谷
    • 江刺バスセンター - 江刺病院前 - 藤里沢田 - JA伊手 - 玉川 - 糀谷 - 口沢
    • ●江刺バスセンター - 江刺病院前 - 藤里沢田 - JA伊手 - 糀谷 (- 口沢)

梁川大岳線[編集]

  • ○江刺バスセンター - 江刺病院前 - 大内田 - 日の神 - JA梁川 - 赤部 - 大岳
  • 江刺バスセンター - 江刺病院前 - 大内田 - 日の神 - JA梁川 - 大岳
  • ●江刺バスセンター - 江刺病院前 - 大内田 - 日の神 - JA梁川
    • 土・日・祝日運休

米里学間沢線[編集]

  • ○江刺バスセンター - 江刺病院前 - 大内田 - 玉里 - 米里 - 学間沢
    • 日・祝日運休
  • 江刺バスセンター - 江刺病院前 - 大内田 - 玉里 - 米里
    • 土・日・祝日運休

米里重王堂線[編集]

  • ○江刺バスセンター - 江刺病院前 - 大内田 - 玉里 - 米里 - 重王堂

広瀬青谷線・広瀬西川目線[編集]

  • ○江刺バスセンター - 江刺病院前 - 広岡 - 西川目
  • ○江刺バスセンター - 江刺病院前 - 広岡 - 広瀬 - 青谷
  • ●江刺バスセンター - 江刺病院前 - 広岡 - 広瀬
    • 土・日・祝日運休

田原原体線[編集]

  • ○江刺総合支所前 - 江刺病院前 - 江刺バスセンター - 醍醐
    • 土・日・祝日運休

稲瀬大迫線[編集]

  • ○江刺バスセンター - 江刺病院前 - 広岡 - 大迫
    • 土・日・祝日運休

街なか循環線(南回り・北回り)[編集]

  • ○江刺バスセンター - 南八日市 - 江刺病院前 - 江刺警察署前 - 江刺総合支所前 - 江刺バスセンター - 藤原の郷 - グリーンパーク
    • 月曜日運休(ただし、月曜日が祝日の場合は運行)

稲瀬・愛宕環状線[編集]

  • 江刺バスセンター → 江刺総合支所前 → 江刺病院前 → 十三 → 三日町沼の上 → 川西営農センター前 → 自動車学校前 → 江刺病院前 → 江刺総合支所前 → 川原町 → 江刺バスセンター
    • 月曜・水曜・金曜のみ運行。

運賃[編集]

  • 運賃は対キロ区間制。
    • 岩手県交通の発行するバスカードも利用可能だが、買物バスカード(現在は販売停止)については利用できない。
    • 岩手県北バスの発行するバスカードは、2010年4月1日以降利用不可となっている。(詳細はバスカードの記事を参照)。

車両[編集]

江刺市営バス当時の車両
  • 奥州市所有の小型車両で運行。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 早池峰バス会社概要
  2. ^ 鈴木文彦『岩手のバス いま むかし』(株式会社クラッセ発行)
  3. ^ 市営バス時刻表 奥州市(PDF)

関連項目[編集]