奥村保命

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

奥村 保命(おくむら やすのり、享保4年1月21日1719年3月11日) - 元文2年1月14日1737年2月13日))は、加賀八家奥村分家第6代当主。

父は奥村温良。母は前田孝行の娘。兄弟は奥村修古奥村易直奥村煕殷通称は数馬。

生涯[編集]

享保4年(1719年)、加賀藩年寄奥村温良の長男として金沢に生まれる。元文元年(1736年)、父明敬の死去により家督と知行1万7450石を相続する。元文2年(1737年)、自邸で家臣の笹田新右衛門を叱責し、刀で切りつけようとして逆に殺害された。新右衛門は、家臣斎藤半左衛門に討ち取られた。享年19。

御家断絶を心配した叔父の横山貴林や母方の伯父前田孝資らが、相談の上で急病死と届けたものの、家中に殺害の噂が広まっており、遺書を残して自害、新右衛門は殉死と届け直した。後継者と目された弟易直の生母が、殺害した新右衛門の実父三浦藤右衛門に再嫁していたため、保命の生母が易直の相続に反対したが、7500石を減じられて禄高1万石で易直の家督相続を許された。

参考文献[編集]

  • 『加賀藩史稿』
  • 新人物往来社『三百藩家臣人名事典』