奥村内膳 (男爵)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

奥村 内膳(おくむら ないぜん[1]/はるよし[2]1894年(明治27年)1月1日[1] - 1980年(昭和55年)8月27日[1])は、昭和期の華族男爵)。

経歴[編集]

加賀藩重臣奥村内膳家第16代当主奥村則英の子として生まれる[1]1930年9月15日、父の死去に伴い男爵を襲爵した[1]

東京帝国大学機械科を卒業し汽車製造に勤務した[2]

親族[編集]

  • 妻:鈴
  • 子:弘

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e 『平成新修旧華族家系大成』上巻、374頁。
  2. ^ a b 『人事興信録』第14版 上

参考文献[編集]

  • 霞会館華族家系大成編輯委員会編『平成新修旧華族家系大成』上巻、社団法人霞会館、1996年。
  • 人事興信所編『人事興信録』第14版 上、人事興信所、1943年。


日本の爵位
先代:
奥村則英
男爵
奥村家(内膳家)第2代
1930年 - 1947年
次代:
華族制度廃止